こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。


毎度毎度の冒頭ですが
この記事を書いているのは
更新日前日の21時30分前です。
通常運行からは30分遅れですが
決算月の今月にしては
良いスタートです。

本日はなんとまたしても
作品の評価です。
リニューアル前は
全く書かなかった作品の評価ですが
リニューアルにするにあたって
決めたことの1つに
❝ 作品の評価にチカラを入れる ❞ がありますので
初志貫徹を目標に頑張りたいと思います。

また
私には
新作の評価については
ある程度の期間が開いてしまうと
書くのを忘れるという悪い癖があるので
良い作品のレビューは早めに書いていきたいと思います。
それでは
とっとと始めたいと思います。

・橋本梨菜 2nd写真集

 タイトル:RIRIKOI

 モデル :橋本梨菜( グラドル )

 発売日 :2018年9月24日

 出版社 :ワニブックス

 サイズ :B5判  ハードカバー

 価格  :3,000円+税


・評価

 モデル    ★★★★☆

 サイズ    ★★★★☆

 ボリューム感 ★★★★☆

 内容     ★★★★★
 

 総合   ★★★★★

見終わった感想ですが
さすがLUCKMAN先生の作品だけあって
こんな表現の仕方もあるんだぁ~というのが
1番最初に来ました。

この作品は
私にとっては
色々な意味で大注目の作品でした。
モデルである 橋本梨菜さん が好きというのが
1番の理由ですが
それと共に興味があったことは
< 橋本さんの持つ特徴をどの様に表現するのか > 
ということでした。

今回のモデルを務める
橋本梨菜さんには
最近のグラドルやアイドルにはない
インパクトの強い特徴があります。
それは
❝ 色が黒い ❞ ということです。

昔からそうですが
グラドルやアイドルは
基本的には色白の人が殆どです。
しかし
橋本さんの肌は
小麦色というより
褐色 という感じです。

そんな特徴的な武器を持つ橋本さんに対して
グラビアで引っ張りだこの
大人気カメラマンの LUCKMAN先生 が
どんな風なアプローチの仕方をとるのか
非常に楽しみでした。

それでは
作品の評価に入る前に
橋本さんの簡単なプロフィールからです。

橋本さんは
大阪府枚方市出身で
1993年9月13日生まれの
現在25才です。

身長は 158cm ということで
最近のグラドルにしては低めですね。

7才から子役として芸能界デビューします。
2008年からはご当地アイドル的な活動もしますが
上手くいかずに2014年に解散してしまいます。

その後は
グラドルへの転身を勧められていたそうですが
本人にやる気がありませんでした。
しかし
2014年に行われた
『 汐留グラビア甲子園 』に参加してみたら
あれよ、あれよという感じで
準グランプリ に輝きます。

そして
今現在ではトップ・グラドルとして活躍するだけではなく
アイドルグループの sherbet の一員としても活動しています。

そんなトップ・グラドルに成長した橋本さんは
その褐色の肌の色から
「 日本一黒いグラドル 」
「 なにわのブラックダイヤモンド 」
などの通称で呼ばれています。

個人的には
今後もより一層の活躍を期待したいグラドルの1人です。

それではここからは
作品の評価をしていきたいと思います。

先ずは モデル についてですが
グラビア好きで
橋本さんを知らない方はいないと思いますが
今現在、ゴールデンタイムのテレビ番組に
バンバン出演しているという訳ではないので
トップ・グラドルとはいえ
一般的知名度なども考えると
★★★★☆ だと思います。

続きまして
サイズ についてですが
私は A4判 または A4ワイド判 という
大きめの写真集が好きです。
まぁ、時々ある
異常に大きい写真集は嫌いですけど・・・・
それはさておき
今回の作品は B5判 ということで
単純に考えてワンランク下の
★★★★☆ をつけました。
ここは完全に機械的につけています。

更に続いて
ボリューム感 ですが
この作品はページ数については
出版元である
ワニブックスの公式サイトにも
公表されていませんが
たぶんページ数的には
100ページ未満だと思います。

この作品は
税込み3,240円の作品なので
この価格でこのページ数は
結構、寂しいです。

なので
本当は2ランクダウンの
★★★☆☆ にしようかと思いましたが
この作品はハードカバー作品なので
その点をプラス評価しまして
★★★★☆ をつけています。

そして最後は
写真集にとって1番重要で
肝心かなめの
内容 についてです。

この作品を手掛けたのは
最初の方にも書きましたが
今現在、グラビアで大人気の
LUCKMAN先生 です。

LUCKMAN先生は
樂満直城先生の別名義になります。
元々は樂満直城名義のみで活動していましたが
私の記憶が正しければ
2016年10月に発売された
大川藍さんの2nd写真集 から
LUCKMAN名義を使用するようになりました。

今現在は
LUCKMAN と 樂満直城 の
両方の名義を使い分けていますが
青年マンガ誌などの表紙&グラビアは
ほぼ、LUCKMAN名義 になっています。

これは私の個人的意見ですが
樂満直城先生 及び LUCKMAN先生 の作品は
私の大好きな
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ をメインにして
作品が構成されます。

LUCKMAN名義の時は
明るいカットをメインにして
どストレートな表現をしたカットの多い
グラビア色がより強い作品という感じです。

一方
樂満直城名義の作品は
明るいカットがメインになるのは同じなのですが
所々で陰影の強めなカットを入れたして
若干ですがグラビア色が弱くなる感じです。

今回の橋本さんの作品では
橋本さんの褐色の肌を活かすための
アプローチとして
LUCKMAN名義ではありますが
少し、樂満名義作品に寄せた感じがします。
あくまでも個人的印象ですが・・・・・・

今回の作品は
ロケ地がハワイということで
南の島の明るい日差しの中で
橋本さんの様々な表情を見ることのできる
とても楽しい作品になっています。
【表情派】の私も表情の質にも量にも大満足です。

LUCKMAN名義の作品なので
当然ですが
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ が
作品のメインになっています。

B5サイズの小さめの作品ですが
余白大きめのカット や
1ページに複数のカットを入れたページ は
最近のグラドル写真集としては少なめで
基本的には
1ページに1カットの大きめのカットや
見開き2ページで1カットの特大カットで
作品が構成されれいますので
サイズ的な小ささはあまり感じられません。
さすが、グラビアを知りつくした
LUCKMAN先生です。
私も大満足です。

ただ今回の作品では
いつものLUCKMAN作品とは
若干、違ったカットも見ることができます。

いつものLUCKMAN作品では
夜のシチュエーションでも
被写体であるモデルに
光を極限まで集めることにより
バックが暗い中で
モデルをハッキリと映し出し
その明暗のギャップ差で
より強くモデルの印象を感じさせてくれるのですが
今回の作品ではその様なカットはありません。
夜や暗めの室内でも
あまり強い目の光は使っていない感じです。

特にそれが顕著に表れているのが
作品の最後の方にある
室内でのカットなのですが
真っ暗な室内の中で
室内の白熱灯を利用したカットになりますが
白熱灯の淡い光の中で
橋本の褐色の肌が
柔らかい感じで浮かび上がってきます。
非常に躍動感の感じられるカットの連続です。
暗めのカットはあまり好きではない私ですが
とても良い感じですし
淡い光の中で
うごめく感じの褐色の肌の印象が
とても良く伝わってきます。

また
このシチュエーションは
最後の最後に来るのですが
ここに来るまでに
まさにLUCKMAN先生という感じの
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ を
お腹いっぱいなるまで見てきていますので
作品全体の流れの中で
明暗のギャップ差が生まれ
この淡い暗さの中でのカットだけでなく、
それまでの明るいカットまでも
印象がより強くなる感じがします。

褐色の肌の橋本さんを表現するのに
淡い暗さを利用するとは
LUCKMAN先生は 
❝ さすが ❞ としか言いようがありません。

カットの内容ばかりを書いてしまいましたが
今回の作品は
❝ グラドルの橋本梨菜 ❞ の作品として
色々な意味で高いレベルにあり
心から満足のできる作品になっています。

この作品に関しては
橋本さんの公式アカウントや
雑誌の先行カットのグラビアなどで
割と多くのカットが公開されてきましたが
色々な意味で
それらに負けていないと言うか
それ以上のカットが沢山あります。
Theグラビア写真集 という感じの
楽しい作品に仕上がっています。

内容 に関しては
カット1つ1つの出来も素晴らしいですし、
橋本さんも様々な表情を見せてくれていると共に
色々な意味で非常に頑張っているで
自信をもって ★★★★★ をつけたいと思います。

総合 については
全4ポイントの評価が
★★★★☆ 以上であることと
1番重要なポイントである
内容面の素晴らしさを
考慮して
堂々の ★★★★★ をつけたいと思います。

今回の作品では
普通のグラドルとは違った武器を持つ
橋本梨菜さんを
LUCKMAN先生が
凡人では考えつかない方法で表現し
橋本さんの魅力が
より強く伝わる作品に仕上げてくれています。

橋本さんとLUCKMAN先生が作り出す
黒い渦潮の流れは強烈ですが
非常に心地よいです。

今回の作品は
橋本さんの黒い魅力を知るには
本当に最高の作品になっています。
グラビア写真集好きの方なら必見ですし、
橋本さんを見て、
魅力的に思えた方なら
非常に楽しんでいただける作品になっています。

熱い魂込めて
オススメできる作品です。



 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

本日は以上になります。

本日紹介した作品は
1度目よりも
2度目、3度目と
回数を重ねることに
魅力を強く感じることのできる作品でした。
まさに癖になる作品です。

9月も今週で終わりです。
普段は普通のサラリーマンの私も
決算月の残業地獄から抜け出せそうです。
まぁ、10月からも
厳しいお仕事は続きますが・・・・・・

そんな状態ですが
毎日更新を目指して
頑張ってバンバン書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。


本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。









スポンサーリンク