こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

いつもながらですが
このブログは
更新日前日の夜に書いているのですが
3連休の最終日ということで
新しい情報が全くありません。

ただ
良いことなのか、悪いことなのかは分かりませんが
10月6日の土曜日に購入した雑誌であるにもかかわらず、
昨日のブログを更新した後に
その雑誌を購入したことを思い出して
見てみたところ
私的に期待感の高い作品からの
先行カットのグラビアが掲載されていました。

ということで
本日は10月7日ののブログと同様で
記事1つのみ で頑張っていきたいと思います。

10月6日に発売された
週刊プレイボーイ 2018年10月22日号 に
10月26日発売予定の
久松郁実さんの2nd写真集 からの
先行カットのグラビアが掲載されています。
ヤッター!ドンドンドン、パチパチパチ!!!

今回のグラビアは
4ページ、6カットのグラビアです。
1ページに1カットの大きめのカットが3ページ、
1ページに3カット入ったページが1ページということで
4ページ、6カットになっています。

今回の作品を手掛けたカメランンさんは
LUCKMAN先生 です。

LUCKMAN先生 は
今現在、グラビア写真集や雑誌のグラビアなどで
大人気のカメラマンさんです。

この LUCKMAN というのは
樂満直城先生 の別名義です。

簡単に言うと
樂満直城先生 は
本名名義で行う仕事と
LUCKMAN名義で行う仕事を
分けているということです。

私の憶えている限りでは
初めてLUCKMAN名義を使用した
グラビア写真集は
2016年10月に発売された
大川藍さんの2nd写真集 だと思います。

グラビア写真集については
樂満直城名義の作品とLUCKMAN名義の作品の
両方があります。

雑誌のグラビアについては
ほぼ LUCKMAN名義 という感じです。

グラビア写真集においては
樂満直城名義の作品とLUCKMAN名義の作品は
基本部分は同じですが細かい部分で違いがあります。
そして
その細かい部分の違いにより
作品の雰囲気は大きく異なります。

樂満直城名義の作品とLUCKMAN名義の作品も
作品の中心となるのは
私の大好きな
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ です。

昨日のブログで書いた
今泉佑唯さんの作品を手掛けた
中村和孝さん も
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ を中心にして
作品を構成していきますが、
どこか柔らか味のある感じの明るさです。

一方、
樂満直城名義の作品とLUCKMAN名義の作品の明るさは
ハッキリ、クッキリとした明るさです。

因みにですが
『 モデルを1.5割増しで撮る 』と言われている
グラビア写真集や雑誌のグラビアで大人気の
TAKEO・Dec大先生 も
ハッキリ、クッキリ派 だと私は思っています

私は
柔らかい感じのする明るさ も
ハッキリ、クッキリ派の明るさ も
どちらも好きです。

話をLUCKMAN先生の話に戻しますが
LUCKMANこと樂満直城先生の作品は
先程書いた様に
明るいカットをメインにして構成されますが
LUCKMAN名義の作品の時の方が
より強いストレート感を感じます。
❝ モデルの表情を見せつける ❞ という感じで
明るいカットでグイグイ迫ってきます。

夜や室内での暗いカットもありますが
モデルに徹底的に光を集めて
モデル自体はハッキリと明るく映し出すことで
背景の暗い部分とモデルの明るさの
明暗のギャップ差でモデルの印象を
より強く感じさせてくれます。

一方、
樂満直城名義の作品の時は
作品の構成の中心になるのは
当然、明るいカットなのですが
陰影をモデルの表情に入れるカットなど
テクニカルなカットが
LUCKMAN名義の作品と比べて
圧倒的に多くなります。

LUCKMAN名義の作品は
良い意味で雑誌のグラビアの延長線の様なカットで
どストレートにモデルの表情を見せることに
重点を置いた作品になっていると思います。

そして
樂満直城名義の作品は
明るいカットが中心ではありますが
陰影を多めに使用したカットなど
変化球を混ぜながら
モデルの表情を表現している作品になります。

まぁ、あくまでも私の私見ですが・・・・

LUCKMAN名義作品と
樂満直城名義の作品の違いについては
どこかで書かなくてはならないことのなので
本日ここで書いてみました。

話が久松さんのグラビアから
完全に離れてしまいましたので
ここで強引に戻したいと思います。

今回のグラビアは
まさに LUCKMAN名義作品 という感じで
明るいカットをメインというか
全6カット全てが
ハッキリ、クッキリとした明るいカットで
久松さんの可愛い表情を
見る側に強く印象付けてくれます。

この作品については
通販サイトに
数カットの写真集からの先行カットが
アップされていますが
どのカットも
ハッキリ、クッキリとした明るいカットで
久松さんの表情の魅力を
非常に強パワーで
見る側に伝えてくれます。

既にアップされている先行カットと
今回の先行カットのグラビアを
併せて考えてみると
相当、期待できる作品だと思います。

今現在、ネット上で確認できる先行カットの画像は
こんな感じです。
それではこちらです、ジャジャン!!!

2117870_201808200167676001534737607c
2117870_201808200167781001534737607c
2117870_201808200167731001534737607c
2117870_201808200167603001534737607c
2117870_201808200167831001534737607c
【 全画像引用:ORICON NEWS より 】
( 引用URL:https://www.oricon.co.jp/news/2117870/ 



まさに LUCKMAN作品 という感じの
素晴らしい画像です。

今回の作品は
グラドルの写真集としても
レベルが非常に高そうですし、
【 表情派 】の私としても
大満足できる作品になりそうな予感です。

今まで公開された画像の全てで
久松さんの可愛らしさと美しさが
とても良く表現されています。

こんな素晴らしいカットを
沢山見せられて
期待するなという方が無理な話です。

私の中の期待度を測るメーターの針は
既に振り切ってしまっています。
完全MAX状態です。

この作品については
私の中では
購入するかどうかの問題ではなく
何冊購入するかの問題になっています。

久松さんに関しては
1st写真集は
樂満直城名義でした。
当然ですが
私は複数冊を大切に保管しています。
内容的にも
とても素晴らしい作品でした。

今回の2nd写真集は
LUCKMAN名義の作品となります。
樂満作品 と LUCKMAN作品 で
同じモデルである久松さんをどう表現するのか
とても楽しみです。

また
1st写真集の撮影時は
19歳だった久松さんと
今回の2nd写真集では
22歳になっっている久松さんの
表情の変化も感じられると思います。

この作品に関しては
発売まで20日を切ってきました。
まだ若干の時間がありますので
FLASH か FRIDAY あたりで
最後のダメ押し先行カットのグラビアの可能性は
十分にあると思っています。

私的には
ワクワク感の止まらない
とても期待度の高い作品になってきましたので
今後、どんな小さなことであっても
何か新しいことが分かり次第、
ドシドシと書いていきたいと思います。




【 Amazon 久松郁実 2nd写真集 】


モデル:久松郁実( グラドル、モデル、女優 )
出版社:講談社
発売日:2018年10月26日
価格 :3,000円+税








 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~


本日は以上になります。

本日も記事が少なくて
本当にスミマセン。
しかも本日書いた記事は
私のミスにより
本当だったら
10月7日のブログに書けていたのに・・・・・
もう、謝ること以外はできません。

週刊プレイボーイ 2018年10月22日号 
グラビアはお久しぶりという感じの
馬場ふみかさん が
表紙&巻頭グラビアということで
私は2冊購入したのですが
まさか、久松さんのグラビアがあるとは・・・・・
という感じです。

昨日のブログを更新した後
10月6日に発売された
週刊少年ジャンプ、週刊ヤングマガジン、
そして
週刊ビッグコミック・スピリッツ を読んだ後
週刊プレイボーイのページを開いたのですが
久松さんのグラビアを見つけた時は
「 しまった・・・・・ 」
という感じでした。
グラビアが掲載されている雑誌は
キチンとチェックしておかなければいけないのに・・・・
まさに ❝ 後悔先に立たず ❞ ですね。
今後はこのようなことが
2度と起こらぬように
十分に注意したいと思います。

まぁ、色々とありましたが
3連休も終わり
本日から世間も通常運行となりますので
何とか新しい情報が欲しいところです。

このブログに関しては
毎日更新を目標にして
バンバン書きまくっていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。



本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。



スポンサーリンク