こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

本日は1週間ぶりの作品のレビューです。
しかも最新作のレビューです。

本日紹介する作品は
写真集発売の情報公開と共に
ネット上で先行カットがアップされたのですが
それを見て
私の期待度は -100 まで
一気に下がりました。

その後
公開された
先行カットのグラビアなどを見て
徐々に回復はしたのですが
写真集を手に入れた段階でも
期待度的には -50 という感じで
プラスに好転することはありませんでした。

作品を見る前から
キツメの予想はしていましたが
実際に作品を見ると
想定外ののレベルだったので
ショックはそれなりにありました。
また、今回の作品は
モデルが良いだけに残念な気持ちが
非常に大きかったです。

正直言って
最新作だからレビューを書いている感じです。
あまり、作品の悪口は書きたくないので
冷静にアッサリと軽くレビューをしていきたいと思います。



・マギー 3rd写真集

 タイトル:new Moon

 モデル :マギー( タレント、モデル )

 発売日 :2018年10月20日

 出版社 :宝島社

 サイズ :B5判  ソフトカバー 176ページ

 価格  :2,200円+税


・評価

 モデル     ★★★★★

 サイズ     ★★★★☆

 ボリューム感  ★★★★★

 内容      ★★☆☆☆
 

 総合   ★★☆☆☆



評価としては
冷静にかつ若干、甘目でこんな感じです。

最初に見終わった感想としては
「 まぁ、こんなもんだろ・・・(泣) 」
という感じでした。

今回の作品については
ネットニュースサイトでは
❝ お洒落エロ ❞ の言葉で
作品の内容を表現していますが
その点については
正直言って
1st写真集や2nd写真集と比べると
露出度的には完全に 負け です。
男性目線的には
1st写真集や2nd写真集の方が
はるかに頑張っています。

ただ
【 表情派 】の私としては
この点については
評価のポイントにはしていません。

今回の評価については
あくまでも
陰影ベタベタの
真っ黒のカットに対して
耐性が弱い私の個人的な感想なので
陰影強めのカットに対して
抵抗感の無い人には当てはまらないと思ってください。

それでは
作品の評価に入る前に
モデルであるマギーさんの
簡単なプロフィールからです。
大人気のマギーさんなので
これ、いらないだろぉ~という気もしますので
軽くいきたいと思います。

マギーさんは
神奈川県出身で
1992年5月14日生まれの
現在 26歳 です。

2008年に高校の帰り道でスカウトされ、
現在、マギーさんが所属する芸能事務所が主催する
「 レブロガールズオーデション2008 」に出場します。
そこで
ベストスマイル賞を受賞したことをきっかけに
芸能界にデビューをします。

今現在は
モデルとしてもタレントとしても
知らない人はいないという感じで
大活躍をしています。

このブログを読んでいる方で
マギーさんについて知らない方はいないと思いますので
プロフィールの紹介については
これ位にしたいと思います。

作品の評価に入る前に
画像が全くないのは寂しいので
私は期待度を少し上げた時の
画像を紹介します。
それがこちらです、ジャジャン!!

2121448_201810150674651001539580784c
2121448_201810150674577001539580784c
2121448_201810150674754001539580784c
2121448_201810150674704001539580784c
【 全画像引用:ORICON NEWS より 】
( 引用URL:https://www.oricon.co.jp/news/2121448/ 

トップに持ってきた画像は
とても良いカットだと思いますが
3枚目の表紙画像を含めて
若干の微妙な感じは否めないです。
でも
これらのカットは
この作品のカット中では
比較的まともなカットの部類に入ります。

ということで
ここからは
作品の評価のレビューをしていきたいと思います。

先ず最初は
モデル にですが
マギーさんについては
ビジュアル・レベルにおいても
一般的知名度においても
全く問題点がありませんので
★★★★★ です。
それ以外は無いです。

続きまして
サイズ についてですが
今回の作品は
B5判 ということで
自動的に ★★★★☆ になります。
この点については
いつも通り、機械的です。

更に続きまして
ボリューム感 ですが
この作品は
価格的に2,000円台の作品ということで
ソフトカバーについては
致し方ないものがあります。
ただ
ページ数が 176ページ ということで
圧倒的なページ数です。
ページ数が多ければ
それだけカットも多いということなので
本当にありがたいです。
ということで
この作品については
価格面から見たボリューム感については
まさに最強のレベルにありますので
★★★★★ をつけています。

そして
グラビア写真集にとって
もっとも重要で肝心かなめの
内容 ですが
この作品で久々に
「 これはないだろぉ~おぉ~ 」
というカットを結構の数で
見せてもらいました。
真っ暗で何が写っているかが
全く分からいカットです。

1~2年前は
この様なカットを
連発するカメラマンさんは
結構いましたが
最近はあまりいません。

この作品においては
真っ暗系のカットが
全体の35%位なのですが
そのレベルが非常にキツメです

しかも
作品のど頭から
薄暗い室内のシチュエーションで
真っ黒なカットが連発で襲ってくるので
作品を見る意欲がなくなります。
マギーさんの表情に
強めの陰影がかかりまくっているので
マギーさんの美しいビジュアルを堪能することは
全くできません。
これでは
モデルが誰であっても同じです。

その他にも
夕暮れのシチュエーションなど
表情に微妙に陰影の入ったカットが
多数存在するために
マギーさんの美しいビジュアルを楽しむことのできる
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ は
全体の20%位だと思います。

ただ
その20%位しかない明るいカットでは
ビジュアル・レベルが圧倒的に高い
マギーさんの美しいビジュアルを
とても堪能することができます。

またこの作品は
最近、悪い意味で流行りの
余白大きめのカットや
1ページに複数のカットが入ったページは
全くありません。

1ページに1カットの大きめのカットと
見開き2ページで1カットの特大カットのみで
構成されています。
最近の作品には珍しい
どストレートな構成になっています。
なので
モデルを小さく感じることがありません。
ただ、どんな表情をしてるかは
暗くて分かりませんが・・・・・・・

私は
陰影強めのカットが嫌いですが
完全にその効果を否定はしてはいません。
ただ、
そのようなカットを使用するならば
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ を
陰影強めのカットの倍くらいの比率で入れて
明暗のギャップ感を生み出すべきだと思います。
この作品は
真っ暗なカットと
表情に微妙に陰影が入ったカットで
作品の半分以上を占めているので
モデルを務めるマギーさんの
最大のストロング・ポイントである
❝ ビジュアルの美しさ ❞ 
を活かしていないというか
完全に殺してしまっています。

今回の作品に関しては
ファッション誌の流れにあることは
分かっていたので
女性目線の作品 になることは
十分に予想していたのですが
それ以前の問題で
モデルであるマギーさんの美しいビジュアルを
全く見ることができないカットが
ここまで多い作品とは予想していませんでした。

ただ、数は少ないけれど
明るいカットでは
マギーさんの美しいビジュアルを
とても楽しめたことと、
作品の構成が
私好みの
どストレートな構成であったことを加味して
内容 については
最低ランクからは1ランクアップの
★★☆☆☆ をつけました。
結構、甘目です。

総合 については
モデル、サイズ、ボリューム感 という
3つの評価ポイントについては
とても高評価なのですが
グラビア写真集にとって最も重要ポイントである
内容面のレベルが
非常に低いことを考えて
残念ですが
★★☆☆☆ をつけました。
とっても悲しい気分です。

今回の作品については
作品の内容や先行カットなど
事前の情報から
ある程度、キツメの作品になることは
頭の中では予想していましたが
予想以上にとてもキツメの作品でした。

グラビア写真集については
モデルのビジュアルが好みだから購入するという人が
大半だと思いますが
この作品では
その購入目的である
モデルのビジュアルの印象が
殆ど心に残らない作品でした。

ただ
この評価は
明るいカットで
モデルの表情を見るのが大好きな
私個人の評価なので
モデルの表情に陰影が入ったカットに
抵抗がない人には当てはまりません。
好みも、芸術感も
人それぞれです。
私の個人的趣味を
押し付けるつもりもありません。

皆様の中に
この様な評価もあるんだなぁ~と
思っていたただければ嬉しいですね。






【 Amazon: マギー 3rd写真集 】


作品名:new Moon
モデル:マギー( タレント、モデル )
出版社:山本美月
発売日:2018年10月20日
価格 :2,200円+税





 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~


本日は以上になります。

本日は作品のレビューをしたのですが
このブログになって
厳しめのレビューは初めてです。

旧作の紹介については
最低でも ★★★★☆ はつけられる作品を
個人的にピックアップしているので
良い評価なのは当たり前なのですが
ここの所、ラッキーなことに
購入した最新作については
非常にレベルの高い作品が続いたので
厳しいことを書かずにすんでいたのですが
今回の作品については
そうは上手くいきませんでした。
そんなにラッキーは続きませんね・・・・

今後も
私が購入した最新作については
良い作品、厳しい作品にかかわらず
評価のレビューを書いていく予定です。

このブログに関しては
毎日更新を目標にして
体力の続く限り
バンバン書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。


本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。








スポンサーリンク