こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

本日のブログは 旧作 のご紹介です。
旧作と言っても
2018年8月下旬に発売された作品なので
2ヵ月前に発売された作品になります。

本日ご紹介する作品のモデルを務める 
藤木由貴さん は
私の大好きなグラドル・ベスト10に
絶対に入ってくる人なので
問題ないというか
まさに待ちに待った作品なのですが
作品を手掛けたカメラんさんが
西條彰仁さん ということで
不安は無いけど、期待もない感じでしたが
実際に作品を見てみると
良い意味で私の予想を覆す
素晴らしい作品でした。
私の中で
西條さんの位置づけが
大きく変わった作品となりました。

それでは
作品の紹介をしていきたいと思います。


・藤木由貴 1st写真集

 タイトル:Dear My Honey

 モデル :藤木由貴( レースクイーン、グラドル )

 発売日 :2018年8月20日

 出版社 :小学館

 サイズ :A4版  ソフトカバー 112ページ

 価格  :3,000円+税


・評価

 モデル     ★★★☆☆

 サイズ     ★★★★★

 ボリューム感  ★★★☆☆

 内容      ★★★★★
 

 総合   ★★★★★


いつも書いていますが
旧作については
私が自信をもってオススメできる作品を
紹介していますので
本日ご紹介している作品も
最高評価の ★★★★★ です。

冒頭でも書きましたが
私の元々の期待度が
あまり高くなこともあったのかもしれませんが
私の予想を良い意味で裏切ってくれました。
ドストレートな構成を用いることにより
モデルである藤木さんのビジュアル・レベルの高さが
見事なまでに表現された作品に仕上がっています。

それではここで
藤木さんの可愛いビジュアルをご覧いただきます。
それではこちらです、ジャジャン!!!

DqfDCoQWsAAnmww (1)
DlnSHpiU8AAw6Fd
DnlfHRnVAAA_SqP
DlgQvGLV4AErGjc
Df588nHV4AAbxB2
Df588nJUYAEoL-i
DerRItiUcAAgNI9
DiMXkFiU8AEasnU
DjkQmAtVAAI9qUE
DitCHKeVsAAxzq5
DfP1uJcUwAAyv8Q
Dkw9nWpU0AENP32
【 全画像引用:藤木由貴さんのTwitter より 】
( 引用URL:https://twitter.com/yukichii927?lang=ja 

画像を見ていただくと
私が何度も ❝ 可愛い ❞ を連発する理由を
ご理解いただけたかと思います。

本日は別の画像も見ていただきたいので
ここからは早速、
今回の作品のモデルを務めた
藤木さんの簡単なプロフィールに突入したいと思います。

藤木さんは
静岡県出身で
1992年9月27日生まれの
現在、26歳 です。

藤木さんは高校卒業後、
専門学校でお菓子作りの勉強をし、
パティシエになります。

キッカケは分かりませんが
2015年にレースクイーンとしてデビューをします。

その愛らしいビジュアルから人気を集め
レースクイーンの祭典である
『 日本レースクイーン大賞 』においては
『 日本レースクイーン大賞 2016 』
所属チームである 
Weds Sport Racing GALS が
コスチューム部門のグランプリを受賞しました。
そのコスチュームがこちらです、ジャジャン!!!

01_03
01_01
【 全画像引用:日本レースクイーン大賞公式サイト より 】
( 引用URL:http://rq-award.jp/history/h2016/ 

2枚の画像でセンターを務めているのが藤木さんです。
レースクイーン歴3年目で
伝統あるチームのセンターを務めた藤木さんは
『 日本レースクイーン大賞 2016 』 では
個人としては
グランプリは惜しくも逃しますが
入賞 を果たすと共に
東京中日スポーツ賞福岡アジアコレクション賞avex賞 の
合計で4つの賞を受賞しました。

2017年度は
レースクイーンが憧れるレースクイーン・チームである
ZENT sweeties の
チームリーダーとして活躍します。

その年の
『 日本レースクイーン大賞 2017 』 では
グランプリは惜しくも逃しますが
2年連続の 入賞 を果たすと共に
東京中日スポーツ賞福岡アジアコレクション賞
週刊プレイボーイ賞テレビ東京賞 の
なんと合計で5つの賞を受賞します。

2018年度も2年連続で
ZENT sweeties 
チームリーダーとして活躍しています。

そんな
レースクイーンが憧れる
ZENT sweeties での
藤木さんの画像がこちらです、ジャジャン!!

DdnNC8eU8AAyg6Q
DdjTlKDVwAE9Wm1
DkSMF94V4AEBXeG
DkIfynbUwAALdPY
DitwR2cU8AE_89A
DnG5WqpUwAALWfL
DqB-MXgU0AEomYQ
DnHfspDUwAAWY2Q
【 全画像引用:藤木由貴さんのTwitter より 】
( 引用URL:https://twitter.com/yukichii927?lang=ja 

それまでは活動のメインを
完全にレースクイーン関係に置いていた藤木さんですが
2018年に入ってから
グラビアなどの活動を積極的に行っています。

週刊プレイボーイを始め
様々な雑誌でグラビアを飾っています。

また
青年マンガ誌の ヤングキング では
表紙&巻頭グラビアを務めています。

藤木さんにつきましては
今のところはメジャーになり切れていない部分がありますが、
その可愛らしいビジュアルは
多くの方を魅了できる可能性を持っています。
今後は
レースクイーンのとしてだけでなく
今後、様々な分野での活躍が期待される
グラドルの1人だと思います。


それではここからは
作品の評価をしていきたいと思います

先ず最初は
モデル についてですが
ビジュアル的にも、プロポーション的にも
褒めるところしかない藤木さんですが
一般的知名度を考えた場合、
★★★☆☆ になると思います。

続きまして
サイズ ですが
この作品は
A4版 なので
自動的に ★★★★★ をつけました。
ここはいつも通り、
機械的です。

更に続きまして
ボリューム感 についてですが
この作品については
3,000円+税という価格で
ページ数は 112ページ です。

講談社 や 集英社 のグラビア写真集では
このページ数の写真集は
2,000円台になります。
そのことを考えると
コスパ的には1ランク下がります。
またこの作品はソフトカバーということで
ここでも1ランク下げて
★★★☆☆ をつけました。

ここからは
グラビア写真集にとって
1番重要で肝心かなめである
内容 について
書いていきたいと思います

この作品に関しては
発売前の私の中での期待値は
決して高くはありませんでした。

レースクイーン専門誌である
GALS PARADISE を
20年近く購入し続けている私は
藤木さんについては
2015年のデビュー当時から注目していました。

そんな私ですから
藤木さんの写真集が発売されると知った時は
とても喜んだのですが
手掛けたカメラマンさんが
西條彰仁さん と判明したら
私の喜びは半減しました。

西條さんについては
今回の作品を見るまでは
正直言って
好きでも嫌いでもないカメラマンさんでした。

私の個人的な印象としては
西條さんの作風は
人気カメラマンである
西田幸樹さんと似た様な雰囲気のカットだけど
西田さん程は 陰影ベタベタ真っ黒系 ではない。
しかし
西田さんの様に
とてつもない特大ホームランを打つこともない。
ミスもないけれど、感動も少ない。
以上がこの作品以前の
私の中での西條さんの印象でした。

その為
私の中で
この作品に対する期待度は
それ程上昇することはありませんでした。

この作品については
写真集からの先行カットのグラビアが
割と多くの雑誌に掲載されたのですが
それがなかなか良い感じでしたが
私も学習能力があるので
過度な期待はしませんでした。

しかし
今回の作品を入手し
実際に作品を見てみたら
予想を覆し
とても良い感じです。
正直驚きました。

この作品に関しては
発売直後にこの記事を書いていたら
もっと大袈裟に感動を表現していたと思います。
今は若干落ち着いていますが
内容の良さについては
今の方が冷静に語れるかもしれません。

前置きがとてつもなく長くなったので
ここからはできるだけコンパクトに
要点を書いていきたいと思います。

この作品に関しては
非常にドストレートな構成になっています。
最近、悪い意味で流行している
余白大きめのカットや、
1ページに複数のカットが入ったページは存在しません。
1ページに1カットの大きめのカットと
見開き2ページで1カットの特大カットのみで
今回の作品は構成されています。

シンプルな構成だけど
1カット、1カットでの
モデルの大きさが小さくなることがないので
グラビア写真集にとって最も重要な要素である 
モデルの表情 を
見る側にとても強く伝えてくれます。

西條さんのカットは決して癖は強くないので、
シンプルな構成にしてくれたおかげで
モデルである藤木さんの表情のイメージが
ダイレクトに脳裏に焼き付いてきます。
藤木さんの魅力を
見る側にとても強く感じさせてくれる
見事な構成になっています。

今回の作品については
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ が
メインになっており、
藤木さんの様々な表情を
ハッキリ、クッキリと感じさせてくれます。

室内での暗めのシチュエーションでのカットもありますが
不自然な陰影ベタベタの真っ黒系ではなく
とても自然な陰影なので
藤木さんの表情や肌の質感を壊すことはありません。
言葉にはできない良い雰囲気を醸し出しています。

この作品は全体として
明るいカットが多いので
陰影のあるカットがあることにより
明暗のギャップによる相互作用が生まれ
明るいカットでの藤木さんの印象を
より濃く、よりハッキリと感じることができます。
陰影のあるカットが
作品の中でスパイス的な役割を果たし
作品全体の印象をより強くしてくれています。

この作品においては
モデルである藤木さんの表情があるカットが
非常に多いのも特徴です。

表情自体も多いのですが
藤木さんの目線がキチンとこちらを向いたカットの割合が
とても多いので
まるで藤木さんに見つけられているかの様な錯覚に陥ります。
この作品は
表情の量が多いだけではなく
表情の質のレベルも非常に高いです。

藤木さんと言えば
可愛い笑顔が印象的なのですが
この作品においては
その笑顔は勿論のこと
本当に様々な表情を見せてくれています。

レースクイーンの時には見ることのできない
大人のセクシーな表情は
普段の藤木さんのイメージとは違うものなので
そのギャップがとても心地良いです。

この作品では
グラドルの作品ではありがちの
体1部分のアップのカットや
表情のない背中のカットなどは
とても少ないです。
そこも高評価の要因ですね。

この作品の藤木さんの衣装は
水着をメインに
私服とランジェリーなどがあります。

今回の作品は1st写真集ということで
藤木さんの最大のチャームポイントである可愛らしさを
全面に押し出した作品なので
ハードな衣装やポーズはありませんが
グラドルのグラビア写真集としては
十分なレベルにあると思います。
【 表情派 】の私としては
藤木さんの可愛らしい表情が
沢山見れるだけで満足ですが・・・・

西條さんの手掛けた作品は
良い意味でも悪い意味でも
癖が強くないです。
そのことが
1st写真集として
藤木さんの最大の売りである
可愛らしさを全面に押し出すことに
とても上手く作用しています。

またこの作品では
普段の西條さんの作風とは違い
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ を
作品のメインにすることで
見る側が
モデルである藤木さんの表情の印象を
より深く、より濃く脳裏に刻み込むことができます。
西條さんの作品で
こんなレベルの高い作品と出会うとは
本当に考えてもいませんでした。
良い意味で予想を裏切られましたね(笑)

この作品にとって
唯一のマイナスポイントは
最後にあるインタビュー記事だけかもしれません。
ただ
普段はインタビュー記事が嫌いな私ですが
藤木さんはまだ情報面が少ないので
私にしては珍しく
楽しく読ませていただきました。

インタビュー記事についてはさておき、
この作品に関しては
マイナスポイントが無いだけではなく、
プラスポイントが非常に多い
レベルの高い作品であることから
この作品の 内容 については
問題なく ★★★★★ をつけたいと思います。

総合 については
グラビア写真集にとって
1番重要なポイントである
内容面のレベルの高さを最大に考慮して
堂々の ★★★★★ をつけました。
私の事前予想を大きく覆す
本当に素晴らしい作品でした。


この作品は
グラビア写真集の肝の部分である
表情の質と量のレベルが
非常に高い作品に仕上がっています。
藤木さんの様々な表情を
お腹がいっぱいになるまで
感じさせてくれる作品です。

藤木さんのファンの方は勿論ですが
グラビア写真集のファンの方には
是非,見ていただきたい作品です。
グラビア写真集初心者の方にとっても
最高の入門書になると思います。

藤木さんの笑顔があふれる
最高の癒しの世界に
飛び込んでみてください。

熱い魂込めて
オススメできる作品です。




【 Amazon: 藤木由貴 1st写真集 】


作品名:Dear My Honey
モデル:藤木由貴( レースクイーン、グラドル )
出版社:小学館
発売日:2018年8月20日
サイズ:A4版 ソフトカバー 112ページ
価格 :3,000円+税






 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~


本日のブログ以上となります。

本日紹介した作品は
11月6日のブログでキツメのことを書いた
西條彰仁さんが手掛けた作品ですが
非常にレベルが高い作品でした。
まぁ、ハイレベルの作品だからこそ
ここで紹介している訳ですが・・・・・

今後も私が自信をもってオススメできる
ハイレベルな旧作を
ドンドン紹介していきたいと思っています。

このブログにつきましては
毎日更新を目標にして
体力の続く限り
バンバン書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。



本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。



スポンサーリンク