こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

本日のブログは
旧作の評価のレビューです。

本日ご紹介する作品は
2018年5月に発売された作品なので
半年前の作品になります。

今回の作品のモデルを務めた方は
2017年3月の高校卒業を機に
グラビア活動をスタートさせると
同年4月には
週刊ヤングマガジン において約2年ぶりとなる
新人で表紙&巻頭グラビアを飾るという偉業を成し遂げ
その後も
6月には FLASHスペシャル 、
7月には 週刊プレイボーイ で
表紙&巻頭グラビアを飾り
一躍、グラドル界のヒロインに躍り出ました。

その後は
グラビア活動は勿論ですが
女優業にも活動の範囲を広げ
多くのテレビドラマに出演しています。
そして
『 冷たい熱帯魚 』
数多くの映画賞を受賞し、
現在の日本映画界を代表する映画監督である
園子温監督の最新作品で主演女優を務めています。

園子温監督と言えば
作品の素晴らしさと共に
日本の若手演技派女優と称される
満島ひかりさん や 二階堂ふみさん を
発掘し、育てた監督です。
ダイヤの原石の女優さんを発掘し、
演技派女優として育てることでも有名です。

そんな
未来の大女優さんの作品を手掛けたカメラマンさんは
❝ モデルを1.5割増しで撮影する ❞ でお馴染みの
私の大好きな Takeo・Dec大先生 です。
若手のグラドルやアイドルの作品やグラビアについては
そのレベルの高さも凄いのですが
常に安定して高レベルの作品を撮り続けている
凄腕カメラマンさんです。

本日ご紹介する作品は
モデル良し、カメラマン良しの
本当に素晴らしい作品です。


・小倉優香 1st写真集

 タイトル:ぐらでーしょん

 モデル :小倉優香( 女優、グラドル )

 発売日 :2018年5月22日

 出版社 :講談社

 サイズ :A4版  ソフトカバー 112ページ

 価格  :2,400円+税


・評価

 モデル     ★★★☆☆

 サイズ     ★★★★★

 ボリューム感  ★★★★★

 内容      ★★★★★
 

 総合   ★★★★★


今回はいつもとはパターン変えて
モデルさんの名前はすぐには書かなかったのですが
女優業について色々と書いたあたりで
ピン!ときた方も多いと思います。

この小倉さんの作品については
小倉さんのグラビアでの活躍から考えると
もっと早く発売しても良いのでは思った方が多いと思いますし、
私も当然その1人でした。

グラビアデビューしてから
満を持して発売された
小倉さんの1st写真集は
現在のグラビアクイーンの作品に相応しい
心から素晴らしいと言える作品です。

そんな素晴らしい作品ということで
私がここでグダグダと前置きを言っても仕方ないので
作品について早速書いていきたいと思います。

先ず最初はいつも通り、
モデルを務めた
小倉優香さんの簡単なプロフィールからです。

小倉さんは
千葉県出身で
1998年9月5日生まれの
現在20歳です。

2013年に行われた
ファッション誌『 Seventeen 』
専属モデルを選出するオーディションである
『 ミスセブンティーン 』でファイナリストになり、
数社のスカウトを受ける中で
水原希子さんが所属することがキッカケとなり
現在の芸能事務所に所属することになりました。
小倉さんは
東京ガールズ・コレクションに出演するなど
モデルとして芸能活動をスタートしました。

2015年1月には
連続テレビドラマに出演し
女優デビューも果たします。

同年4月には
初舞台も経験します。

2017年3月の高校卒業を機に
グラビア活動を始めます。
その件については
既に冒頭で書いていますので
ここでは敢えて書きませんが
今現在の日本のグラビア界のトップ・グラドルとして
雑誌の表紙や巻頭グラビアで大活躍しています。

小倉さんは
167cmの高身長に加え
スリーサイズが上から
87-59-89 という
見事なまでに均整の取れたプロポーションから
❝ リアル峰不二子 ❞ の称号で呼ばれています。

前置きで書いていますが
今現在はグラドルとしての活動と共に
女優としての活躍も
非常に期待されるタレントさんです。

ただ
グラドルでデビューしても
女優として成功すると
グラビアから遠ざかる人が多いですが
雑誌のインタビューによりますと
小倉さんは今後もグラビア活動についても
継続していくとのことでした。

これからも
小倉さんの魅力である
可愛い笑顔と
ダイナマイトなナイスボディーを
雑誌のグラビアで見ることができるのは
グラビア好きの私としては
本当に嬉しいですね。

女優とグラドルの二刀流で
芸能界に旋風を起こしてほしい
若手タレントさんです。

そんな
今後の活躍が期待される小倉さんの可愛いビジュアルを
ここでご紹介させていただきます。
それではこちらです、ジャジャン!!!

DYNdMEBUQAAX25h
DjpLjD1UUAE_D9c
DjpLkGxU4AEnHLO
DD-aKozUMAExP_f
DdpTO2iVAAI_-5K
DqbDMP2UwAARvwD
DZmwxjCU8AA8I8R
DRIat8rV4AEbUym
DLxjbZDVoAAk32x
DLxjbY_UQAEbgd9
DKfEopcVAAEUII8
DR0LynxVAAAXt1o
DJXZmE5V4AEPBvV
【 全画像引用:小倉優香さんのTwitter より 】
( 引用URL:https://twitter.com/ogurayuka_0905?lang=ja 

画像を見ていただくとお分かりの様に
小倉さんは可愛い系のビジュアルですし、
完璧なナイスボディーの持ち主でもあります。

今回、ご紹介する作品では
そんな小倉さんの様々な魅力を
お腹いっぱいになるまで
味わえる作品になっています。

それではここからは
作品の評価のレビューに入っていきたいと思います。

先ず最初は
モデル についてですが
ビジュアル、プロポーション共に
全く問題は無いというか
プラスポイントがありすぎる感じです。
個人的には高評価を付けたいのですが
一般的知名度を考えた場合
どうしても弱い部分がありますので
ここは ★★★☆☆ にしておきます。
この部分については
これからが期待される人なので
今後の伸びを期待したいです。

続いては
サイズ についてですが
この作品は A4版 なので
★★★★★ をつけました。
このポイントについては
いつも通りで機械的です。

更に続いては
ボリューム感 についてです。
この作品は
ソフトカバー作品ではありますが
112ページ もあり
しかも価格が
2,400円+税 ということで
コスパも
納得のいくレベルにあると思われますので
★★★★★ で問題ないと思います。

そして
ここからは
グラビア写真集にとって
1番重要で肝心かなめである
内容 について書いていきたいと思います。

今回の作品を手掛けたカメラマンさんは
冒頭でも書きましたが
❝ モデルを1.5割増しで撮影する ❞ 異名を持つ
Takeo・Dec大先生 です。

Takeo・Dec大先生の特徴としては
常にハイレベルな作品を供給し続ける安定性だと思います。

Takeo・Dec大先生と色々な部分で被ってくるのが
10月27日のブログで
久松郁実さんの2nd写真集 の評価を書いた
 LUCKMAN先生 だと思います。

2人とも
アイドル、グラドルをモデルに
雑誌の表紙&グラビア、
そして
グラビア写真集が
活動のメインフィールドになっています。

しかも
2人は作風も
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ で
モデルの表情のあるカットが作品のメインになります。

正直なところ
作品の爆発力だけで言いますと
LUCKMAN先生の方が上だと思います。
久松さんの作品はその良い例だと思います。

しかし
Takeo・Dec大先生には
その爆発力にも負けない圧倒的な武器があります。
それは 安定力 です。

Takeo・Dec大先生の作品については
最近の作品では失敗作の記憶がありません。
過去の作品を含めても
90%位の作品が ★★★★☆ 以上だと思います。

それ比べると
LUCKMAN先生は
★★★★☆ 以上の確率は
80%位だと思います
また
テクニカルな作風を用いる
樂満直城名義の作品を含めると
75%位まで落ちます。
まぁ、これでも十分に高確率ですけどね(笑)
しかし
実際に購入する方としては
この10%の差が結構でかいのです。

ただ
高確率でレベルの高い作品を供給するためだと思いますが
Takeo・Dec大先生の作品については
モデルが限定されます。
基本的に
アイドルか若手グラドルになります。
ゴリゴリのベテランのグラドルの作品や
大人のアイドルの作品はありません。

LUCKMAN先生は
時々、大人のアイドルやベテランのグラドルの作品も
樂満直城名義をメインにして手掛けています。
結構、失敗してますけど・・・・・(笑)

今回の作品のモデルである小倉さんは
撮影当時はまだ19歳という若さであり
しかも
今回の作品が1st写真集ということで
Takeo・Dec大先生 に
まさにピッタリの条件になります。
出版社もそのあたりを考えて
カメラマンを人選していると思います。

Takeo・Dec大先生の説明は
これ位にしておいて
ここからは本当に作品の評価をしていきたいと思います。

先ずは構成についてですが
Takeo・Dec大先生の
モデルの表情をドストレートに捉えたカットを活かすために
構成についても
変な小賢しいテクニックは使わず
ドストレートな構成になっています。

1ページに1カットの大きめのカットと
見開き2ページで1カットの特大カットを
作品の中心に据えているので
小倉さんの様々な魅力が小さくなることなく
非常に強いインパクトで見る側に伝わってきます。

最近、悪い意味で流行している
余白大きめのカットや
1ページに複数のカットを入れるテクニックについては
10ページ未満です。
割合にすると8%位になります。
また
それらのカットが
良いタイミングで差し込まれてくるので
構成に変化がついて
作品全体を引き締めてくれています。
見事にスパイス効果を発揮しています。

全体の作風については
Takeo・Dec大先生の作品なので
≪表情を強く感じることのできる明るいカット≫ で
小倉さんの様々な表情を沢山見せてくれています。

さすがは
❝ モデルを1.5割増しで撮影する ❞ の異名を持つだけあり
Takeo・Dec大先生の作品は
表情のあるカットがとても多いです。
しかも
目線がしっかりとこちらを向いたカットが非常に多いので
小倉さんの表情の印象が
見る側の心の奥底まで
凄い勢いで染み渡ってくる感じがします。

Takeo・Dec大先生も凄いのですが
モデルである小倉さんも
女優として活躍しているだけあり
シチュエーションにあった表情を見せてくれています。

明るいカットがメインなのですが
夕暮れのシチュエーションや
室内での自然な暗さの雰囲気のシチュエーションでは
明るいイメージの小倉さんの表情がガラッと変わり
大人の女性の雰囲気が漂う
色っぽい表情を見せてくれます。

グラビア写真集の肝である
表情の質と量を見事に兼ね備えた作品なっています。

この作品に関しては
先程書きましたが
夕暮れのシチュエーションや
室内のシチュエーションなど
自然な暗さの中でのカットはありますが
量的にも少ないですし
あくまでも自然な暗さなので
小倉さんの表情や肌の質感は感じることができます。
逆に
圧倒的に明るいカットが多いので
この自然な暗さのカットが
明暗のギャップ差から
相乗効果を生み出し
明るいカットでは
小倉さんの表情のイメージを
よりハッキリと感じさせ、
そして
自然な暗さのカットでは
独特の大人の雰囲気を
より強く感じさせてくれます。

この作品では
小倉さんの表情の印象を
見る側の脳裏に
非常に深く刻み込んでくれるとともに
小倉さんのもう1つの魅力である
ナイスボディー感も
見る側にとても強く感じさせてくれます。

衣装的には
水着とランジェリー風の衣装が
90%を占め
残りが私服な感じです。

衣装にあった
小倉さんのポージングも素晴らしく、
プロポーションの良さが
とても強いインパクトで伝わってきます。

小倉さんのプロポーションは
❝ リアル峰不二子 ❞ の称号を持つだけあり
とても素晴らしいですし、
その素晴らしさの全てが
見る側に熱く伝わってきます。

この作品については
カメラマンさんも凄いのですが
モデルである小倉さんも
1st写真集ではありますが
トップ・グラドルとしての本領を
様々な部分で見事に発揮しています。

この作品は
カメラマンの凄さと
モデルである小倉さんの魅力が
見事に融合した
ハイレベルな作品に仕上げっています。

この作品については
マイナスポイントと呼べる個所は
全くないと思っています。

以上のことをまとめて考えて
内容 については
文句なしの ★★★★★ をつけました。

最後に 総合 ですが
4つの評価ポイントが
高評価であることと併せて
グラビア写真集にとって1番重要である
内容面のレベルの高さを考慮して
堂々の ★★★★★ をつけました。
心に迷いなしです(キッパリ)

今回ご紹介した
小倉優香さんの1st写真集 は
カメラマンさんの凄さと
モデルである小倉さんの持つ全ての魅力が
見事に融合した
素晴らしい作品に仕上がっています。
まさに文句のつけようが無い作品です。

小倉さんのファンの方や
グラビア写真集好きの方には
絶対に見ていただきたい作品です。

また
グラビア写真集の初心者の方にとっても
最高の入門書になると思います。

❝ リアル峰不二子 ❞ の称号を持つ
小倉さんの魅力の全てが
この作品の中に見事に詰め込まれています。

ページを開くごとに
小倉さんの魅力が
凄い勢いで流れ込んできます。

小倉さんの魅力が作る出す洪水の中に
是非、飛び込んでみてください。

熱い魂込めて
おススメできる作品です。




【 Amazon小倉優香 1st写真集 】


作品名:ぐらでーしょん
モデル:小倉優香( 女優、グラドル )
出版社:講談社
発売日:2018年5月22日
価格 :2,400円+税







 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~


本日は以上になります。


昨日私を襲った偏頭痛も
本日は嘘のように消えていました。
本当に助かりました。

今後も昨日の様なことが起きるかもしれませんが
このブログにつきましては
毎日更新を目標にして
体力の続く限り
バンバン書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。


本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。











スポンサーリンク