こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

今現在、私の写真集情報のダムの水位が
完全に枯渇していますので
書くネタが全くない状態に陥っています。

そんな状況の中で本日のブログは
私の注目作品であるのにもかかわらず
記事として殆ど採りあげていない作品からの
オフショットを中心とした関連画像を紹介いたします。

ということで
アッサリ、スッキリ、文章短めで
しかも画像に頼り切った
1記事のみ でいきたいと思います。

本日唯一の記事ですが
12月19日に
12月27日発売予定
北野日奈子さんの1st写真集 の
Twitter公式アカウントにおいて
大量のオフショットが公開されました。
ドンドンドン・パチパチパチ!!!

今回のオフショットの公開は
北野日奈子さんが出演する
乃木坂46の アンダラ開催 を記念して行われました。
北野さんがなんと座長みたいです。

因みに ❝ アンダラ ❞ とは何かと言いますと
乃木坂46のメンバーにおいて
シングル曲の選抜メンバーに選ばれなかった
残りのメンバーで行われるライブのことです。

本日は記事のネタもないということで
今回公開されたオフショットの他に
それまでに公式アカウントで公開された画像も
一緒に取り混ぜてご紹介しちゃいます。
それではこちらです、ジャジャン!!

DshEdJFUcAUkk-0
DtQKSGVVsAAZoo5
Ds_obtIU4AMwt27
Du1upKVVsAAdzs8
Du0wffTVsAA-lS-
Dt-oiFnU8AAAnHv
DuMQI_wU4AA8DdR
DujBjPFV4AEF0Mj
DunSoG5U8AAtVU8
DunSoG5U8AAtVU8 (1)
DuVpRsIUcAEgxa1
Duw0LKGVsAA3Otb
DuwCV1mU0AAmIje
Duwcw_XVsAA7--C
DuwS3i-VAAE8Ajj
DuwWaTWUwAAxncM
Duww-p_UUAAJLP6
DuxFeIrVAAAe7w7
DuxvxCBUYAApN22
DuxARS2U0AEQVEW
DuwXjHxUYAAN0NA
DuwZSdGVAAAJf5X
【 全画像引用:【公式】北野日奈子1st写真集 より 】
( 引用URL:https://twitter.com/hinako_gentosha   

今回の画像は私なりに厳選したうえで
ここでお見せしています。
どの画像を見ても安定の可愛らしさを誇る北野さんです。
バラエティー番組で
北野さんの無邪気な笑顔を見ると心が癒されます。

そんな天使の笑顔を持つ北野さんが
沢山詰め込まれた1st写真集については
このブログでは
11月12日のブログで記事にして以来、
このブログで全く記事にしていません。

それについては
私がこの作品について
注目度が低いという訳ではありません。

北野さんの作品については
写真集の発売が発表されたのと同時に
公式Twitterアカウントが開設されたのですが
最初の方は
ロケ地のスウェーデンで撮影された
トナカイの画像ばかりでした。
その為
記事にすることができませんでした。

また
ほぼ同時期に発表された
生田絵梨花さんの2nd写真集 は
ネットの芸能ニュースサイトなども利用して
インパクトのある先行カットを
最初から公表すると共に
公式Twitterアカウントにおいて
これまたインパクトの強い様々なオフショットを
機会があるごとに公開しています。

このブログでも
生田さんの作品については
何度も記事に採りあげていますが
それは記事として採り上げたいと思う情報を
定期的に発信してくれるからです。
北野さんの作品ついては
その情報発信が完璧に弱いです。

ほぼ同時期に作品の発売が発表されたのに
ここまで2人の作品に差が出た理由としては
やはり、出版社の違いとしか思えません。

生田さんんも作品の出版元が
グラビア写真集にも慣れているうえに
宣伝上手でお馴染みの
講談社 であるのに対して
北野さんの作品の出版社は
幻冬舎 なのです。

幻冬舎 は
乃木坂を始めとした
坂道グループの写真集では
お馴染みの出版社です。
乃木坂メンバーの写真集が発売されるようになった当初は
100%幻冬舎から発売されています。

白石麻衣さん、西野七瀬さん、橋本奈々未さん など
主力メンバーの1st写真集は 幻冬舎 です。
また
深川麻衣さんの卒業記念の写真集も 幻冬舎 ですし、
最近ですと
齋藤飛鳥さんの1st写真集 や
与田祐希さんの1st写真集 についても
幻冬舎 の作品です。

幻冬舎の作品については
乃木坂メンバーの写真集ということで
非常に良いカメラマンさんを起用していますが
白石麻衣さん、西野七瀬さん、橋本奈々未さん などの
初期に発売された作品については
カットの選び方などや配置など
構成面が非常に酷い作品が多いです。

グラビア写真集なのに
何処にモデルが写っているのか分からない様な
非常に酷いカットが数多く見られました。

幻冬舎 は
写真集のイメージは低い出版社なのですが
AKBメンバーの作品は
結構、手掛けています。
そのことからから考えると
幻冬舎が乃木坂メンバーの作品を手掛けているのは
大人の事情だと思われます。

ただ、
2016年1月に発売された
生田絵梨花さんの1st写真集 が
集英社 から発売されたことによって
乃木坂メンバーの写真集が
100%幻冬舎から発売されるという図式が壊れます。

ただ、
このことにより競争原理が働いたのだと思いますが
幻冬舎が出版元を務める作品のレベルが
少しずつですが上がってきていると思います。
その為、
それ以降に発売された
深川麻衣さん、齋藤飛鳥さん、与田祐希さん などの作品は
それ程酷くはないと言いますか
それなりの感じにはなっています。

私個人の意見としては
幻冬舎が出版元を務める作品の内容は
改善されてきていると思っています。

ただ
販売戦略的に考えますと
週刊誌、コミック誌から様々な専門誌までという感じで
様々なジャンルの雑誌や書籍を
幅広い購読者層をターゲットに販売している 
講談社 が行った
生田さんの作品における販売戦略に比べると
今回の北野さんの写真集においての
幻冬舎 の販売戦略は
完敗 としか言いようがありません。

ただ
北野さんの作品については
予約段階で当初予定の5万部を超えたため
1万部の重版が決定しています。
また
セブンネットで販売している
限定表紙Ver についても
2000部の重版が決定しています。

出版社の販売戦略的には
あまり力強さを感じませんが
北野さんの1st写真集 は
北野さんのマンパワーによって
大ヒット作品 になっています。

秘かに大ヒット作品になっている
北野さんの1st写真集 については
写真集からの先行カットのグラビアについては
全く出てきていません。

この作品については
発売日が12月27日ということで
残り1週間を切ってきています。

アイドル系の写真集からの先行カットについては
週刊プレイボーイ、FLASH、FRIDAY という
3誌がお馴染みですが
FLASHについては
年内の発売はありませんし、
12月26日に発売されるFLASHの増刊号にも
北野さんの名前は無いみたいです。
その為
先行カットのグラビアについては
掲載があるとするならば
本日発売される FRIYDAY か
22日土曜日に発売される 週刊プレイボーイ の
どちらかになるとなると思います。

北野さんの作品については
私的には
前向き姿勢で行動している
大注目作品ですので
今後もどんな小さなことであっても
何か新しいことが分かり次第、
ドシドシと書いていきたいと思います。







【 Amazon北野日奈子 1st写真集 】


作品名:『 空気の色 』
モデル:北野日奈子( アイドル;乃木坂46 )
出版社:幻冬舎
発売日:2018年12月27日
価格 :1,800円+税






【 楽天ブックス北野日奈子 1st写真集 特典付 】

作品名:『 空気の色 』
モデル:北野日奈子( アイドル;乃木坂46 )
出版社:幻冬舎
発売日:2018年12月27日
価格 :1,800円+税






【 セブンネット北野日奈子 1st写真集 限定表紙 】


作品名:『 空気の色 』
モデル:北野日奈子( アイドル;乃木坂46 )
出版社:幻冬舎
発売日:2018年12月27日
価格 :1,800円+税






本日の記事と併せて
11月12日のブログも読んでみてください。

※ 11月12日のブログはこちらからどうぞ!!









 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~


本日は以上になります。

本日も記事の内容が薄くて
本当にスミマセン m(__)m


本日は記事の内容が
本日のブログタイトルと
全く関係ないことばかりになってしまいました。
ただ、北野さんの作品については
本当に待ちに待った作品なだけに
色々と溜まっているものがあるんですよ・・・・
ということで
本日はその溜まったものを
吐き出させていただきました。
なんとなくスッキリしています。
明日から頑張れそうですね(笑)


そんな
色々と溜め込んでいた私ですが
このブログにつきましては
毎日更新を目標にして
体力の続く限り
バンバン書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。



本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。

























スポンサーリンク