こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

本日のブログは
超お久し振りとなる
作品の評価のレビューです。

本日ご紹介する作品については
作品発売の情報公開当初より
私も注目していましたし、
公式アカウントのフォロワー数なども
空前絶後の驚くべき数字になっていました。

初版数も
グラビア写真集としては
異例の数字となった作品ですが
私なりの評価を書いていきたいと思います。


 生田絵梨花 2nd写真集

  作品名:インターミッション

  モデル:生田絵梨花( アイドル;乃木坂46 )

  出版社:講談社

  サイズ:B5変型 160ページ

  発売日:2019年1月22日

  価格 :1,800円+税


  総合評価 ★★★★★


それでは先ず最初は
今回の作品のモデルを務めた
生田さんの簡単なプロフィールをご紹介いたします。

生田さんは
1997年1月22日に
ドイツのデュッセルドルフで生まれました。
5歳の時に日本に帰国しています。

2011年8月に行われた
乃木坂46の1期生オーディションに合格します。
スタート時から選抜メンバーに選らばれますが
最初のころは立ち位置的には後列でした。
しかし、その後
メキメキと頭角を現して
今現在では選抜メンバーとして
センターを務めるなど
主力メンバーの1人として活躍しています。
また、乃木坂46の活動の他
その歌唱力と演技力を活かして
ミュージカル女優としても活躍中です。

そんな生田さんは
お姉さんの影響で
3歳からピアノを弾き始め、
4歳から本格的にレッスンを受けるようになります。

乃木坂メンバーに選ばれた後の
2011年12月に行われた
第21回日本クラッシック音楽コンクール の
ピアノ部門で 入賞 を果たしています。

ネットの情報では
生田さんは音楽大学の付属高校に進学し、
大学も音楽大学に進学しているとのことです。
今現在はアイドル活動と女優活動が多忙のため
休学しているみたいです。

また
生田さんは天然系の性格で
バラエティー番組でも
大活躍しています。

多方面で活躍中の生田さんは
色々な意味で
今後の活躍が期待されるタレントの1人です。

生田さんはエピソードが多すぎますので
正直言って
ここには書ききれません。

生田さんに関しては
Wikipedia が
とても充実していますので
是非読んでみてください。

※ 生田さんの Wikipedia はこちらからどうぞ!! 


作品のレビューに入りたいところですが
本題に入る前に
生田さんの可愛い画像を少しだけお見せいたします。
それではこちらです、ジャジャン!!

DwrWMC8U8AAfR2l
DwrVw44U8AEJNwt
DtqF18mUUAEdjex
Dt2YYuZVYAEtY6C
Dt2YYuaUwAAQvhq
【 全画像引用:生田絵梨花写真集インターミッション公式 より 】
( 引用URL:https://twitter.com/erika_newyork?lang=ja&lang=ja )

画像を見ていただくとお分かりの様に
生田さんは本当に可愛いです。
こんな可愛い人の写真集が見れるというだけで
本当に幸せな気持ちになれます。

それではここからは
本日の本題である
作品の評価について書いていきたいと思います。

今回の作品を手掛けたカメラマンさんは
グラビア系として大人気カメラマンであり、
あの怪物的作品である
白石麻衣さんの2nd写真集 を手掛けた
中村和孝さん です。

中村さんの作風としては
≪表情を強く感じさせてくれる明るいカット≫ で
モデルの様々な表情を感じさせてくれる
とても私好みのカメラマンさんです。
陰影の強めのカット自体が少ないですし、
不自然な陰影ベタベタなカットはありません。
陰影があったとしても非常に軽めで自然です。
今回の生田さんの作品に関しては
記憶に残っていませんので
あったとしても数ページだと思います。

中村さんに関しては
明るいカットをメインにして
作品を作りますが
私的な印象としては
その明るいカットについても
モデルの印象や作品のコンセプトに合わせて
2種類の違った感じの明るいカットを
作品に合わせて使用している感じがします。
1種類の明るいカットは
一般的な感じの
ハッキリ、クッキリの明るいカットです。
非常に鮮明な明るいカットで
モデルの表情を感じさせてくれます。
このブログでは
9月24日のブログで作品のレビューを書いた
深田恭子さんの20th写真集 が
これにあたると思います。
深田さんの作品は
ロケ地がハワイということで
南の島特有の明るい日差しの中で
水着姿でこんがり日焼けした深田さんを
ロケ地の特色を活かして
ハッキリ、クッキリと表現したのだと思います。

もう1種類の明るいカットは
モデルの表情や肌の質感などは
とても強く感じることができるのだけれど
独特の優しい雰囲気が醸し出されている
柔らかさのある明るいカットになります。
これのカットについては
中村さん独特の特色としか言い様がありません。
明るい中に柔らかさが感じられて
本当に心地よい気分になります。
白石麻衣さんの2nd写真集 や
このブログでは
10月8日のブログで
作品のレビューを書いた
今泉佑唯さんの1st写真集 が
これにあたると思います。
本日紹介する生田さんについては
こちらの柔らかさのある明るいカットになります。

今回の生田さんの作品の構成は
中村さんの作品なので
ドストレートな構成とは言えません。
余白のあるページや
1ページに複数のカットがあるページは
それなりにあります。

この点については
中村さんの好みなのか、
それとも
編集者の好みなのかは分かりませんが
今回の生田さんの作品と同じ出版社から発売された
深田恭子さんの20th写真集 は
あまりなかった記憶がありますので
どちらかというと
編集者サイドに理由があると思われます。

ただ
今回の生田さんの作品については
先程も書いた様に
余白のあるページや
1ページに複数のカットがあるページは
それなりにありますが
配置の良さや
その割合なども
キチンと考えてあるらしく、
1ページに1カットの大きめのカットや
見開き2ページで1カットの特大カットなどの
グラビア写真集における
スタンダードなカットとのバランスが
キチンと取れているので
余白のあるページや
1ページに複数のカットがあるページが
基本的に嫌いな私ですが
イライラ感や嫌悪感は全く感じませんでした。
そのあたりについては
彩文館出版と違い
講談社はちゃんと考えていますね。

そんな
ナイスなバランス感覚で
中村さんが柔らかな感じに表現した
今回の生田さんの作品ですが
B5変型 160ページ ということで
個人的には
もう少し大きなA4サイズで
作品を見たかったというのが
本音と言えば本音です。
ただ、この部分は
完全に個人の好き嫌いなので
作品の評価には加えていません。
それに
160ページ という
非常にボリューム感があるページ数なので
サイズのマイナス面を
十分に補っています。

肝心のかなめの
内容面ですが
この作品については
公式アカウントに掲載された
アザーカットなどを含んだ関連画像を
このブログでも沢山ご紹介してきました。
関連画像の出来も素晴らしく
アザーカットだけで
もう1冊の作品ができるくらいの
ハイレベルな関連画像ばかりでしたが
作品に掲載されている画像は
アザーカットのレベルに更に +α を加えた
ワンランク上の素晴らしいカットばかりです。

中村さん特有の
柔らかさを持った明るいカットが
生田さんの可愛い表情にピッタリと合っています。

生田さんの代名詞である
天真爛漫な笑顔も素晴らしいですし、
大人の雰囲気のすました表情も素敵です。

この作品では
生田さんのランジェリー姿のカットが
発売前から評判を呼んでいましたが
ハッキリ言って
生田さんはナイスボディー です。
ネットで話題となった
バストの大きさ も凄いのですが
腰のくびれ はもっとインパクトがあります。

よく考えると
生田さんは
あの可愛らしいビジュアルで
バストが大きく、
腰のくびれが凄いとなると
ある意味で 最強のグラドル だとも言えます。

ランジェリー姿のカットは
ページ数的には
白石さんの2nd写真集には負けていますが
インパクト的には
圧倒的に生田さんの勝ちだと思います。
生田さん、凄すぎます!!

ランジェリー姿に関しては
先行カットで公開された
薄いピンクのランジェリーの他、
白地に紺色で刺繍が入ったランジェリーなど
数種類あります。
その他に
白のビキニのカットが2カットだけあります。
ページ数的には少ないのですが
そのうちの1カットが
生田さんのナイスボディー感を
とても強くインパクトを残してくれており
私のお気に入りカットの1つになっています。

ただ、話題になっている
ランジェリー姿のカットなど
露出の多いカットも
色々な意味で素晴らしいのですが
この作品については
その他のカットの出来が
非常にレベルが高いので
全体的にとても良い作品に仕上がっています。

この作品については
中村さん特有の
柔らかさを持った明るいカットで
生田さんの素晴らしいまでに様々な表情を
お腹いっぱいになるまで楽しませてくれます。
悪い意味での変な芸術性は一切なく
とにかく、生田さんの魅力で溢れかえっています。
生田さんは表情が豊かです。
生田さんは可愛いです。
生田さんはナイスボディーです。
生田さんは最高です!!

内容面に重点をおいた
作品の評価としては
問題なく、
最高評価である
★★★★★ をつけました。
モデルの生田さん、
カメラマンの中村さん、
そして構成をした
講談社の担当者の方
本当に Good job です。

今回の生田さんの2nd写真集は
生田さんの魅力が
ギッシリと詰め込まれた
最高の作品となっています。

生田さんのファンはもとより
グラビア写真集が大好きな方には
絶対に見ていただきたい作品になっています。
心の底から強くオススメできる作品です。




 生田絵梨花 2nd写真集

  作品名:インターミッション

  モデル:生田絵梨花( アイドル;乃木坂46 )

  出版社:講談社

  サイズ:B5変型 160ページ

  発売日:2019年1月22日

  価格 :1,800円+税


  総合評価 ★★★★★




【 Amazon生田絵梨花 2nd写真集 】


作品名:『 インターミッション 』
モデル:生田絵梨花( アイドル;乃木坂46 )
出版社:講談社
サイズ:B5変型 160ページ
発売日:2019年1月22日
価格 :1,800円+税





2127890_201901240897527001548297418c
2127890_201901240897579001548297418c
2127890_201901240897647001548297418c
2127890_201901240897706001548297418c
2127890_201901240897758001548297418c
2127890_201901240897942001548297418c
2127890_201901240898562001548297418c
2127890_201901240897994001548297418c
2127890_201901240898047001548297418c
2127890_201901240898411001548297418c
2127890_201901240898461001548297418c
2127890_201901240898512001548297418c
2127890_201901240898253001548297418c
2127890_201901240898306001548297418c
2127890_201901240897862001548297418c
2127890_201901240898150001548297418c
2127890_201901240897811001548297418c
2127890_201901240898358001548297418c
【 全画像引用:ORICON NEWS 】
( 引用URL:https://www.oricon.co.jp/news/2127890/ )
1548053613927
1548053602519
【 全画像引用:OROCON NEWS 】
( 引用URL:https://www.oricon.co.jp/news/2127849/ )














この記事と併せて
11月21日、11月23日、11月24日、12月1日、
12月6日、12月7日、12月10日、12月17日、
12月22日、12月24日、12月27日、12月31日、
1月1日、1月3日、1月7日、
1月13日、1月17日のブログも
是非読んでみてください。

※ 11月21日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 11月23日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 11月24日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月1日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月6日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月7日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月10日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月17日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月22日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月24日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月27日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月31日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 1月2日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 1月3日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 1月7日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 1月13日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 1月17日のブログはこちらからどうぞ!!






 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~


本日は以上になります。

本日も記事の内容が薄くて
本当にスミマセン m(__)m

本日は久しぶりの作品のレビューでした
以前のスタイルから
大きく変えて
スッキリさせたつもりなのですが
いかがだったでしょうか??
もしよろしければ
コメントから感想をお聞かせいただければ
本当に嬉しいです。
心よりお待ちしています。


久しぶりのレビューで
達成感を感じている私ですが
このブログにつきましては
毎日更新を目標にして
全力で書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。



本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。






スポンサーリンク