こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

本日のブログは
私が大注目している作品の
表紙画像が公開されましたので
その話題だけの
アッサリ、スッキリ、文章短めの
1記事のみ でいきたいと思います。

それでは早速、
本日の唯一の記事ですが
2月20日発売予定の
あやみ旬果さんのラスト写真集 の
表紙画像が公開されました。
ドンドンドン、パチパチパチ!!
でも、マジで寂しいです・・・(涙)

それでは本日の本題に入る前に
あやみさんの可愛い画像をお見せいたします。
それではこちらです、ジャジャン!!

DpimHNwUUAEL2nt
DZbfzjTUMAE8Z1o
DYK7woEVMAAR3n9
DbjOnc_UQAI5UiX
Dx6gn_zVYAEs95I
Dx6gn_sU8AERBZI
【 全画像引用:あやみ旬果さんのTwitter より 】
( 引用URL:https://twitter.com/ayami_syunnka?lang=ja )

画像を見ていただくとお分かりの様に
あやみさんはとっても美人で
しかも
超ナイスボディーの持ち主なのです。
こんな素晴らしい人の写真集が
今回の作品で見納めになってしまうと思うと
本当に悲しいです(涙)

長年のあやみさんの大ファンの私としては
心の底から悲しい思いの
今回のあやみさんのラスト写真集の表紙画像は
あやみさん自身のアカウントで公開されました。
それがこちらです、ジャジャン!!

DyU2dp-UcAEi9Dv
DyU2dqAVYAE9w3i
【 全画像引用:あやみ旬果さんのTwitter より 】
( 引用URL:https://twitter.com/ayami_syunnka?lang=ja )

あやみさんは
2月21日から3月13日までの21日間
浅草ロック座でストリップ公演を行いますが
そこにおいて400冊限定の
浅草ロック座限定表紙Ver が出るそうです。
あやみさんのツイートには
どちらが通常版でどちらが限定表紙という
ハッキリとした記載がありませんでしたので
私には判明がつきませんが
取り敢えず
400冊限定で限定表紙Verがでることは
確定しているみたいです。

取り敢えずそのツイートもお見せいたします。
それではこちらです、ジャジャン!!

【 記事引用:あやみ旬果さんのTwitter より 】
( 引用URL:https://twitter.com/ayami_syunnka?lang=ja )

まぁ、私としては
どちらの表紙画像もとても良い感じなので
どちらが通常版になっても問題ないです。

今回の作品に関しては
作品を手掛けたカメラマンさんは
舞山秀一さん です。
舞山さんの作風は
≪表情を強く感じさせてくれる明るいカット≫ で
モデルの様々な表情を感じさせてくれる
私の好きなカメラマンさんの1人です。
舞山さんの特色としては
明るいカットが完全にメインで
陰影のあるカットはあまり使用しないのですが
明暗のギャップを生み出すため、
最近はあまり使用されなくなった
モノクロのカットを使用することがあります。
明るいカットがメインの作品の中で
ガツンとした感じで
モノクロのカットを差し込まれると
明暗のギャップ差を強烈に感じて
明るいカットの印象がより強くなりますし、
モノクロのカットはモノクロのカットとして
独特の雰囲気を出してくれるので
作品に変化がでて
とても良い感じです。
今回の作品でも
それを見せてくれるのでしょうか??
非常に楽しみです。

舞山さんと言いますと
ガツガツ感のない
優しい雰囲気のグラドルや
清純派女優の作品のイメージが強いです。
あやみさんと同様の
大人系アイドルの作品も手掛けてはいますが
その数的には
とても少ないので
そのあたりのことが
今回の作品にどの様な効果を表すのか
注目されるところです。

舞山さんの作品については
カット自体には
ヘンテコな芸術性はなく
明るくストレートな表現なので
素人の私にも明確に
モデルの魅力を強く感じさせてくれます。
そう意味では
とても安心できるカメラマンさんです。
また、舞山さんの作品は
分かりやすいだけではなく
とてもレベルが高いと思います。

舞山さんの作品ついての
私の個人的印象としては
モデルさんに見事にハマると
底知れぬパワーを発揮すると思っています。
舞山さんと言いますと
私の中では
ラスト(?)写真集を含めた
原幹恵さんの作品 が頭に浮かびます。
舞山さんは
原さんの作品を3作品も手掛けていますが
3作品共にとても素晴らしい作品です。
舞山さんが手掛けた原さんの作品については
2016年と2017年に発売された2作品は
ワニブックスの3,000円+税 の作品でしたが
2作品共、
その当時のワニブックスのグラドルの作品には珍しく
非常にストレートな構成で
舞山さんの特徴である
明るいカットをメインにして
原さんの可愛い美人のビジュアルと
ナイスボディーの魅力を十分に引き出すと共に
それまでの原さんの作品にはない大胆さを加えた
とてもパワフルな作品に仕上げてくれました。
ハッキリ言って
ワニブックスの作品とは信じられないレベルでした(笑)

そんな舞山さんと
美しいビジュアルとナイスボディーを兼ね備えた
あやみ旬果さんがタッグを組んだ今回の作品は
舞山さんと相性が良いと思われる
ストレートな構成の作品が非常に多い
徳間書店が出版元の作品なだけに
どんな作品になっているか
本当に楽しみです


今回のあやみさんの作品に関しては
出版元が 徳間書店 なので
通販サイト世界最大手であり
基本的には最も情報が早い
Amazon においては
発売日まで3週間を切った今現在も
予約受付は始まっていません。
この件については
昨年の12月29日のブログの小ネタで
詳しく書いているので
そちらを是非読んでみてください。

そんな
Amazon においては
この作品の予約受付の開始は
早くて発売日の2週間~10日前、
遅ければ1週間前位に
やっとスタートする感じだと思います。
楽天ブック についても
Amazonと横並びする部分が大きので
そのくらいになると思います。
ただ
書籍専門の通販サイトである
e-hon と honto では
既に予約受付が開始されたいますし、
普段は情報が遅いけれど
徳間書店の作品だけは
異常なまでにスタートが早い
セブンネット では
入荷お知らせ という形になっています。

今回のあやみさんの作品は
徳間書店が出版元を務める
大人系アイドルの作品なので
サイズ的には A4変型 の表示ですが
所謂、徳間書店の作品でお馴染みの
A4ワイド判サイズ だと思います。
ページ的にはネットの情報では
128ページ ということなので
相当の豪華版な感じです。
そのぶん、
価格も 4,000円+税 ということで
なかなかの価格になっています。

この作品については
徳間書店が出版元を務める
大人系アイドルの作品なので
情報的には厳しいものがありますが
毎週火曜日に発売される
週刊アサヒ芸能 には
最低でも1回は
写真集からの先行カットのグラビアが
間違いなく掲載されると思います。
チャンス的には
2月5日、12日、19日の
3回になります。

今回の作品については
平成の大人系アイドル界の大スターであった
あやみ旬果さんのラスト写真集ですので
あやみさんの大ファンである私を含めて
多くの方々が大注目していると思いますので
今後もどんな小さなことであっても
何か新しいことが分かり次第、
ドシドシと書いていきたいと思います。






〈 あやみ旬果 ラスト写真集 関連画像 〉
DvQO3ClUcAAsysP
DvQO3DAV4AAR5_M
DttPARHU8AA6991
DtxsQs4UUAACi4S
DtxsQs5VsAAPZuG
DttPARLU4AApUckDt4BKKXVYAE-phh
DxmVWZtUYAIiXrX
Dt4BKKbVsAACNi1
DtvASXFU4AArZg1
DtvASXGUcAA6vZd
【 全画像引用:あやみ旬果さんのTwitter より 】
( 引用URL:https://twitter.com/ayami_syunnka?lang=ja )













この記事と併せて
11月14日と12月8日のブログも
是非、読んでみてください。

※ 11月14日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 12月8日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 1月5日のブログはこちらからどうぞ!!




 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

本日は以上になります。

本日も記事の内容が薄くて
本当にスミマセン m(__)m


日曜日は
2月3日ということで
節分 でした。

私の家でも
豆をまきました。

今年は
年明け早々
記録的な大ヒット作が出ましたが
これをきっかけにして
今年の写真集市場に
福が来て
活気にあふれることを祈りたいですね。

年の数の豆を食べて
お腹がふくれ気味の私ですが
このブログにつきましては
毎日更新を目標にして
全力で書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。


本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。






スポンサーリンク