こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

本日のブログは
なんと、
2日連続の作品のレビューです。
しかも
本日2月25日発売予定の作品を
2月23日にゲットすることができましたので
発売日である本日に
作品のレビューをお届けしたいと思います。


 わちみなみ 1st写真集

  作品名:『 わちゅらる 』

  モデル:わちみなみ( グラドル、タレント )

  出版社:講談社

  サイズ:A4判 112ページ ソフトカバー

  発売日:2019年2月25日

  価格 :2,800円+税


  総合評価 ★★★★★


本日ご紹介いたします
わちさんの1st写真集に関しては
このブログでは
発売決定のニュースから
先行カットのグラビアの感想などまで
様々な情報を書いてきました。

そんな
私的にチカラを入れていた
今回のわちさんの作品ですが
Takeo・Dec大先生 が手掛けた
ヤングマガジン関連の作品 ということで
安心はしていましたし、
それなりに高い期待感を持っていたのですが
実際に作品を見てみると
当初の予想をはるかに超えた
スーパー良作品 であったので
個人的にとても驚きました。

それではここから
ボチボチと
ご紹介を始めていきたいと思います。

作品の評価のレビューに入る前に
今回の作品のモデルを務めた
わちみなみさんの
簡単なプロフィールをご紹介しておきます。

わちさんは
1995年1月7日に福岡県で生まれました。
今現在は 24才 となります。

身長は 165cm
スリーサイズは 946387 で
カップはハッピーな Hカップ です
まさに ダイナマイトボディー の持ち主です。

わちさんと言いますと
大きな瞳と独特の雰囲気を持った
美しいビジュアル と
スーパーと言って良い程の
ダイナマイトボディー のイメージが強いのですが
福岡屈指の進学校の出身でもある
才女 でもあります。

そんなインテリ系美女である
わちさんは
番組でホリエモンさんとタッグを組んで
東大受験に挑戦しています。

そんなわちさんは
1浪後、東京の大学に進学します。

わちさんは
高校時代に水泳部に所属していたので
競泳水着しか着たことが無かったのですが
2016年の大学3年生の時に
友人と海に行って
始めてビキニを着たそうです。
それまでビキニを着なかった理由は
バストが大きすぎて
キチンと合う水着が無かったからだそうです。

そんなわちさんのビキニ姿を見た友人の勧めで
「 プレミアム水着ガールオーデション 」という
オーデションに応募をし、
見事に グランプリ を獲得し
それを切っ掛けに芸能界にデビューします。

因みにわちさんは
その美貌から
ミス・ユニバース・ジャパン長崎大会 の
ファイナリスト にもなっています。

美貌とダイナマイトボディーの上に
才女でもあるわちさんは
グラビアは勿論もこと
様々な分野での活躍を期待される
若手タレントさんです。

それではここで
知と美の両方を兼ね備えたわちさんの
美しい画像をご覧いただきます。
それではこちらです、ジャジャン!!


DrPnSb4V4AcHOrt
DrPnSb5VAAEGLUx
DzrQ_DiU0AE0iQR
DxBdxyaUUAApZio
DquWmMbVYAAl8-H
DtFhyksUcAAMUw1
DsW1d84UUAEDHUT
Du5Z4v1U0AAHTWg
Dqv9NsGU4AAv6co
Dr3QE94V4AAF53D
Dr3QE96UUAEQZMA
Du2NtQCV4AIDOuZ
Dvf-0R4UcAEQTkP
《 全画像引用:わちみなみさんのTwitter より 》
( 引用URL:https://twitter.com/wachi_minami )

画像を見ていただくとお分かりの様に
わちさんは本当に美人さんです。
しかも、
パワフルなダイナマイトボディーの持ち主です。
わちさんは学力が高いだけではなく
グラビア能力も非常に高いことが分かります。

そんな色々な意味で今後が期待される
わちさんの1st写真集ですが
カメラマンさんも、出版社も
完全に私好みですし
先行カットのグラビアの印象からも
良い作品なのはある程度は予想していましたが
実際に作品を見てみると
予想を超えた良作品だったので
とても驚きました。

それではここからは
本日の作品のレビューに入っていきたいと思いますが
昨日のレビューで私の文章力の無さが
完全に露呈していまいましたので
本日はアッサリ、スッキリ、簡潔に行きたいと思います。

先ず最初に
今回の作品に関しての
マイナス点を書いてしまいますが
正直って
マイナス点は無い です。
無理矢理こじつけて書いたとしたら
内容が良いだけに
ページ数がもう少し多ければ
より嬉しかったかもしれませんが
ページ数的にも110ページを超えていますので
十分と言えば十分だと思います。

作品の内容のついてですが
作品を手掛けたカメラマンさんが
雑誌のグラビアやグラビア写真集で大人気の
Takeo・Dec大先生 です。
そして
モデルであるわちさんは
ある意味で
ヤングマガジン御用達のグラドルなので
今回の作品については
ヤングマガジン関連の作品になります。
先行カットのグラビアの初出しが
週刊ヤングマガジンでしたし、
最後のダメ押し先行カットのグラビアが
月刊ヤングマガジンだったことからも
完全に理解できます。

Takeo・Dec大先生の作品で
そのうえ
ヤングマガジン関連ということで
今回の作品については
≪表情や肌の質感を強く感じられる明るいカット≫ を
作品のメインに置いて
1ページに1カットの大きめのカットと
見開き2ページで1カットの特大カットという
グラビアの基本形のカットを中心に構成された
ドストレートな構成の作品 に仕上がっています。

今回のこの作品は
南国のタイでロケが行われ
タイの美しい海と大自然の中での
様々なシチュエーションを
わちさんの美しい表情と共に
楽しめる作品になっています。

私が少し気になったのは
タイと言いますと
マングローブの森が頭に浮かびますが
先行カットの段階で
森の柔らかい木漏れ日の中でのカットがありました。
森の中でのカットということで
自然な雰囲気ではありますが
表情に陰影のかかったカットがあることは
タイでロケをする以上は仕方ないと思いました。
また、これも先行カットにあったのですが
夜の街角でのカットなのですが
グラビア写真集でこのパターンのカットは
背景は暗いけれど
モデルに光を集めて
暗い中にモデルの姿の浮かび上がらせるという
私の大好きなパターンが良く使われますが
今回のわちさんの作品に関しては
先行カットを見る限りでは
わちさんの表情や肌の質感は感じられますが
あまり強い光は使用せず、
夜の暗めの雰囲気を出していました。

これらのことから
今回の作品については
明るいカットと暗めのカットが
混在した作品になるのかなぁ~と
若干の不安なことを考えていました。

ただ
実際の作品を見てみると
確かにこれらのカットは存在していましたが
量的には非常に少ないですし、
ある意味でこれらの暗めのカットがあることによって
作品の内容がとても引き締まったモノになっています。
何故ならば
今回のわちさんの作品は
ハッキリ、クッキリとした
眩しい程の明るいカットとても多いからです。
感覚的には圧倒的に多いという感じがします。

この作品では
普通の作品ではシットリ感を出すために
自然な雰囲気の陰影を使用することが多い
昼間の室内で撮影された
大人の雰囲気がいっぱいの
黒のランジェリー姿のシチュエーションでさえ
わちさんの姿を明るいカットで表現しています。
大人の雰囲気のカットでさえ
こんな感じなのですから
海辺でのビキニ姿のカットや
昼間の屋外での私服のカットなどは
当然の如く、
ピーカンという感じの
眩しい程の明るいカットになっています。

その為
暗めのカットの存在が
明暗のギャップ差により
相乗効果を生み出して
明るいカットにおける
わちさんの印象を
とても強いものにしてくれています。

また
明るいカットが連続する中で
暗めのシチュエーションが
タイミング良く差し込まれてくるので
作品全体が引き締まって感じます。

構成の面でも
同じ様なことが言えて
この作品は
最初のも書いた様に
1ページに1カットの大きめのカットと
見開き2ページで1カットの特大カットという
グラビア写真集の王道的カットを中心にして
作品が構成されているのですが
ページ数的には少ないのですが
1ページに2カット入ったページが
非常に良いタイミングで差し込まれてくるので
構成的にも良い感じのアクセントになっています。

ここまで
私の悲観的な予想をメインに書いてきましたが
後の部分については
悲観的な予想を驚く程に覆す
とても素晴らしいカットになっています
わちさんの魅力である
美しい表情と巨乳感の大洪水といった感じです。

この作品に関しては
とにかくわちさんの表情が素晴らしいです。
ビジュアル的に美しいだけではなく
シチューションや衣装にあった
凄く良い感じの表情を見せてくれています。

また
わちさんの表情を感じられるカット自体が多い上に
それらの表情についても
しっかりと目線を感じられるカットが多いので
わちさんの美しい表情の印象が
心に深く刻み込まれると共に
まるでわちさんに見つめられているかの様な
錯覚に陥っていしまいそうになります。

わちさんは
目にインパクトのあるビジュアルなだけに
しっかりと目線を感じられるカットの持つパワーは
計り知れないものがあります。
見終わった後も
わちさんの表情の印象が心に強く残ります。

この作品では
わちさんにとって
美しいビジュアルと共に
もう1つの魅力である
巨乳感 もとても強く感じることができます。
作品の多くを占めるビキニ姿のカットや
黒のランジェリー姿のカットからは当然ですが、
私服のカットからも巨乳感を感じることができます。
わちさんの巨乳感はハンパないです。

この作品については
≪表情や肌の質感を強く感じられる明るいカット≫ で
わちさんの魅力の全てを
余すことなく見る側に伝えてくれます。
わちさんの美しいビジュアルと巨乳感が引き起こした
心地よい大洪水に巻き込まれた感じです。

そして
陰影を使用したカットのシチュエーションを
見事なタイミングで挟み込んだり、
構成的な変化を所々に組み込むことによって
わちさんの魅力を
見る側の心の中により深く刻み込んでくれます。
さすがはTakeo・Dec大先生の作品であり、
さすがはヤングマガジン関連作品という感じがします。

モデルであるわちさんの魅力の全てを
見事なまでに引き出したカットと
そのカットのパワーと余すことなく
見る側に伝える構成力の素晴らしさが
キッチリと融合し、
見事な相乗効果を生み出して
素晴らしい作品に仕上がっています。
評価的には最高ランクである
★★★★★ をつけましたが
個人的には
★★★★★★★★★★ と思っています。
それ位、レベルの高い作品です

元々、期待感の高い作品ではありましたが
良い意味で大きく予想を裏切られました。
まさかここまで良い作品だとは
思ってもみませんでした。
本当に嬉しい誤算です。

今回のわちさんの1st写真集については
わちさんのファンの方には勿論のこと
グラビアが大好きな方ならば
大満足のいく作品に仕上がっている思います。

わちさんの持つ
美しいビジュアルと巨乳感が巻き起こす
心地よい大洪水の中に
是非、飛び込んでみてください。

個人的に
熱い魂込めておススメできます。




【 Amazonわちみなみ 1st写真集 】


作品名:『 わちゅらる 』
モデル:わちみなみ( グラドル、タレント )
出版社:講談社
サイズ:A4変型 112ページ ソフトカバー
発売日:2019年2月25日
価格 :2,800円+税





〈 わちみなみ1st写真集 関連画像 〉
DyoeOl5V4AAuiEL
DyZgHgnUcAAurcT
DyZgHgpU0AA2hlO
DxeDvTJUYAAsC-M
DznCLI3UYAA0CeZ
DyStzxHV4AA04Yf
DyStzxIU8AARArR
DxBdxyaUUAApZio
DxBdxysUcAE8leZ
DzrQ_DiU0AE0iQR
《 全画像引用:わちみなみさんのTwitter より 》
( 引用URL:https://twitter.com/wachi_minami )












この記事と併せて
1月18日、1月21日、1月22日、
1月26日、2月1日、2月6日、
2月17日、2月22日のブログも
是非読んでみてください。

※ 1月18日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 1月21日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 1月22日のブログはこちらからどうぞ!!  

※ 1月26日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 2月6日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 2月17日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 2月22日のブログはこちらからどうぞ!!







 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~


本日は以上になります。

本日も記事の内容が薄くて
本当にスミマセン m(__)m


土日の休みも終わり
新たな週がスタートします。
予想では
今週位からボチボチと
4月発売の作品の情報が
本格的に始まると思うのですが
どうなのでしょうか??

何か突然の大ニュースがあると
本当に嬉しいのですが
そんなには上手くいかないものですね

新たな週が始まりますが
このブログについては
ダイヤを乱すことなく
通常運行で頑張りたいと思います


この土日をダラダラと過ごした
グゥ~タラな私ですが
このブログにつきましては
毎日更新を目標にして
全力で書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。


本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。













スポンサーリンク