こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。


私の写真集情報のダムの水量が
完全に枯渇状態になっている状況の中での
本日のブログですが
私が注目している作品の表紙画像が
遂に公開されましたので
その話題を中心にして
アッサリ、スッキリ、文章短めの
1記事、1小ネタ でいきたいと思います。

それでは早速
本日の唯一の記事ですが
3月23日発売予定の
喜多乃愛さんの1st写真集 の表紙画像が
ネット上に公開されました。
ドンドンドン、パチパチパチ!!

本日の本題に入る前に
この記事のヒロインでもある喜多さんの
可愛い画像をお見せいたします。
それではこちらです、ジャジャン!!

Dv0KSaFVYAAt4iW
Dtfh9IJV4AABpvF
Duv8rtQUcAEBKYv
Dyov61mU8AAdueA
DyX9d1BUwAAluQg
DyX9d1KVYAAUKYZ
D0EQyCkVAAAWGVt
Dz5N_q_UcAAIV-N
D0EQyC5UUAgwS9X
DyeL77SUwAAla0H
《 全画像引用:喜多乃愛&STAFFのTwitter より 》
( 引用URL:https://twitter.com/noa_smile_518 )

画像をご覧いただくとお分かりの様に
喜多さんはセーラー服がとても良く似合う美少女です。
それもそのはずで
喜多さんは今月高校を卒業する( した? )予定の
ほぼ現役女子高校生なのです。

そんな喜多さんの1st写真集に関しては
2月7日のブログのトップ記事で
写真集のは発売決定の情報をお伝えしましたが
その記事において
写真集からの先行カットをとして
4カットをお見せしました。
それがこちらになります、ジャジャン!!

DynEkEVUUAADeiM
DynEkEPU8AAx22Y
DynEkESUcAAP8TO
《 全画像引用:喜多乃愛&STAFFのTwitter より 》
( 引用URL:https://twitter.com/noa_smile_518 )

4カット共に明るいカットで
喜多さんの持つ透明感のある美少女のイメージが
とても良く表現されており
非常に期待感を持たせてくれるカットになっています。

今回の作品を手掛けたカメラマンさんは
大人気カメラマンであり、
そして
女優の安達祐実さんのご主人でもある
桑島智輝さん です。

桑島さんの作風としては
明るいカットを作品のメインにして
モデルの表情の魅力を
とても分かりやすく表現している作品が多いです。
単純明快に表現している時の桑島さんの作品は
個人的にとても好きです。
ただ、企画色の強い作品になると
桑島さんの本来の作風が薄れる場合が多いです。
その為、個人的には
作品によって好き嫌いが分かれる場合があります。

ただ、今回の作品に関しては
作品からの先行カットを見る限りでは
モデルである喜多さんを
明るいカットで単純明快に表現している感じなので
個人的にはとても期待しています。

それではここからが本日の本題になる訳ですが
この度公開された表紙画像については
正直に言いますと
最初に公開された4カットの中にあるカットが
表紙画像として採用されています。
そのカットというのは最後にお見せしたカットです。
取り敢えず、もう1度お見せいたします。
それではこちらです、ジャジャン!!

DynEkESUcAAP8TO
《 画像引用:喜多乃愛&STAFFのTwitter より 》
( 引用URL:https://twitter.com/noa_smile_518 )

今度は表紙画像の方をお見せします。
それではこちらです、ジャジャン!!

61Rfkiq9vGL
《 画像引用:Amazon.co.jp 喜多乃愛 1st写真集 より 》

ご覧いただくとお分かりの様に
お見せした4つ目のカットに
作品タイトルである『 noa 』の文字を入れただけです。

ただ、
喜多さんの魅力がとても強く感じられる
非常に良いカットなので表紙にピッタリです。

この作品に関しましては
2月7日のブログで記事にした段階において
予約受付が開始されていましたので
作品の詳細については記載済みですが
本日も書きておきます。
発売日は 3月23日
出版社は ワニブックス
サイズは A4判 80ページ ハードカバー 、
価格は  2,800円+税 
という感じになっています。
価格面から見たボリューム感に関しては
何だか寂しい感じがしますが
ハードカバーというのはとても嬉しいです。

この作品については
発売まで2週間となってきましたが
今のところ
写真集からの先行カットのグラビアは
全く出てきていない状態です。

ワニブックスが出版元を務める
清純派女優の写真集ということで
情報的には厳しいことが予想されていましたが
まさかここまで出てこないとは
別の意味で予想外でした。

ただ、最近の写真集に関しては
彩文館出版の作品以外については
最低でも1度は何らかの形で
写真集からの先行カットのグラビアを
雑誌に掲載していますので、
私の予想では今回の喜多さんの作品についても
週刊プレイボーイFLASHFRIDAY という
このブログではお馴染みの3誌のどれかに
先行カットのグラビアが掲載されると思っています。

今回の喜多さんの作品に関しては
私の注目作品の1つになっていますので
今後もどんな小さなことであっても
何か新しいことが分かり次第、
ドシドシと書いていきたいと思います。





【 Amazon喜多乃愛 1st写真集 】


作品名:『 noa 』
モデル:喜多乃愛( 女優 )
出版社:ワニブックス
サイズ:A4判 ハードカバー 80ページ
発売日:2019年3月23日
価格 :2,800円+税














この記事と併せて
2月7日のブログも読んでみてください。

※ 2月7日のブログはこちらからどうぞ!!






 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~


本日の最後は小ネタです。

3月11日に発売される
週刊ヤングマガジン 2019年15号 に
翌日3月12日発売予定の
奥山かずささんの1st写真集 からの
先行カットのグラビアが掲載させるみたいです。

週刊ヤングマガジン 2019年15号 については
既に表紙画像が公開されていますので
早速、そちらをご覧いただきます。
それではこちらです、ジャジャン!!


w_2019-15_RzD4VQuUKGph
《 画像引用:ヤングマガジン公式サイト より 》
( 引用URL:https://yanmaga.jp/ym/2019/2019-15.html ) 

奥山さんについては
2019年12月号において
表紙&巻頭グラビアを飾っていますので
残念ながら今回については
巻中、または巻末グラビアになりそうです。
ページ数は3~4ページという感じです。

ただなのですが、
この作品に関しては
発売日は3月12日発売予定ですが
紀伊國屋書店の公式サイトで在庫の確認をすると
既に店頭に並んでいるみたいです。

私は前日の3月11日から
店頭に並ぶと思っていたのですが
まさか、まさかの3月9日から並んでいた様です。
ただ、全ての店舗でという訳ではない様ですけど・・・・

私は田舎と都会が混ざり合った感じの
微妙な大都市近郊に住んでいるのですが
日常の行動範囲内に
紀伊國屋書店はあります。
その支店においても
しっかり 在庫あり になっています。
金曜日の晩のうちに確認するべきでした。
完全に私の読み違えです。

ただ、この件については先程も書いた様に
全ての店舗において
在庫あり になっている訳ではありませんので
書店での購入を検討している方は
必ず訪問予定の店舗に電話をして
在庫状況を確認してください。

講談社が出版元を務める作品の中でも
ヤングマガジン関連の作品については
発売予定日の前日に
店頭に並ぶことは良くありますが
まさかこんなに早く並ぶとは完全に予想外です。
1つ勉強になりました。

私も朝起きたら早速
近くの支店に電話をしようと思っています。





【 Amazon奥山かずさ 1st写真集 】


作品名:『 かずさ 』
モデル:奥山かずさ( 女優、グラドル )
出版社:講談社
サイズ:A4変型 112ページ
発売日:2019年3月12日
価格 :2,600円+税











この記事と併せて
2月14日、2月18日、
2月19日、3月2日のブログも読んでみてください。

※ 2月14日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 2月18日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 2月19日のブログはこちらからどうぞ!! 

※ 3月2日のブログはこちらからどうぞ!!





 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

本日は以上になります。

本日も記事の内容が薄くて
本当にスミマセン m(__)m


本日の小ネタに書いた件ですが
結構、落ち着いて書いていますが
読み違えたことについては
本当に悔しく思っています。

何故ならば
金曜日の夜に一応確認しておこうと思いつつ
するのを完全に忘れててしまったからです。
土曜日に購入できていれば
土曜の夜に見て
3月11日のブログに
作品のレビューが書けたのに・・・・・
マジで悔しいですね
トホホな感じです。



下らなことで悔しがっている私ですが
このブログにつきましては
毎日更新を目標にして
全力で書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。



本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。















スポンサーリンク