こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

本日のブログは
私を含めた多くの方々が
大注目していると思われる作品の予約受付が
やっと開始になったということで
その作品に関しての話題だけで
アッサリ、スッキリ、文章短めの
1記事のみ でいきたいと思います。

それでは早速、
本日の唯一の記事からですが
3月22日発売予定の
吉沢明歩さんのラスト写真集 の予約受付が
総合通販サイト世界最大手である Amazon において
3月18日よりスタートしました。
ドンドンドン、パチパチパチ!!!

本日の本題に入る前に
大人系アイドル界のレジェンドであり、
本日の記事のヒロインでもある吉沢さんの
神々しいまでに美しい画像をお見せいたします。
それではこちらです、ジャジャン!!!


DyzRnWJU0AEMjSL
DzmYDsIVAAEvVB3
DzmYDsHUwAAm5Zf
DziZogVVAAAfDtH
DziZogSU0AEfH5W
Dy-JLmOU0AAvMbt
Dy-JLmLUUAIMt4H
D1TlcIMU0AEH1Om
《 全画像引用:吉沢明歩さんのTwitter より 》
( 引用URL:https://twitter.com/akiho_yoshi )  

画像をご覧いただくとお分かりの様に
吉沢さんは ❝ 女神 ❞ という言葉が
ピッタリと当てはまる程の美しさです。

大人系アイドル界のレジェンドとして
16年間、その第一線で活躍してきた吉沢さんです。
しかし、本当に残念なのですが
今月末をもって引退してしまいます。
個人的には吉沢さんならば
20周年も十分にいけると思っていただけに
本当に寂しい気持ちでいっぱいです。

吉沢さんの16年間の活動のラストを飾る
引退記念となる写真集は
クラウドファンディング・サイト大手の
GREEN FUNDING において
ラスト写真集プロジェクト として
企画が行われました。

その期間は
11月1日の19時から
12月21日の23時59分59秒まで、
そして目標金額は
通常ののグラビア写真集企画における
設定金額の 約1.5倍 にあたる
4,000,000円 で設定されました。

通常の作品の場合、
200万~250万位で設定され
期間内に達成した場合、
目標金額を再設定することが多いです。

しかし
大人系アイドル界のレジェンドである吉沢さんは
そんな一般的なことはしませんでした。
最初からドド~ンと高い目標を設定しました。

そんな高めの目標金額も
企画がスタートしてから
たった3日と6時間後にあたる
11月5日深夜1時すぎに
アッサリと達成になります。

目標達成後も企画自体は継続されたのですが
最終的に集まった金額は
目標金額 4,000,000円 に対して
その 280% となる
11,226,000円 が集まりました。
もう、さすがとしか言いようがありません。

今回の企画を行うにあたり
吉沢さんの中に
『 大きな写真集を作りたい 』
という希望があったそうで
最終的に今回の作品のサイズの方は
写真集の通常サイズであるA4判を大きく超える
B4判 128ページ となります。

今回の作品の出版元である
徳間書店の大人系アイドルの作品の場合、
ページ数は 112ページ が殆どです。

しかし、
今回の作品において
ページ数が16ページ増えたのは
吉沢さんが交渉したみたいです。
本当にありがたいですね。

因みに128ページというのは
非常にボリューム感を感じることができる
彩文館出版愛蔵版シリーズ と同じページ数です。

また、サイズについてですが
写真集の通常サイズのA4判が
297mm ✕ 210mm です。
彩文館出版や徳間書店の作品でお目にかかる
大きなサイズのA4ワイドと言われるモノが
304mm ✕ 240mm になります。

今回の吉沢さんの作品は
そのA4ワイド超える B4判 なのですが
その大きさの方は
364mm ✕ 257mm となります

通常のA4判と比べると
縦で 約7cm、横で 約5cm も大きくなります。

このサイズの写真集については
最近は殆ど見かけなくなりました。
6~7年前までは
時々、お目にかかってましたが
マジでデカいです。
初めての方は驚くと思います。

そんなサイズ的に豪華版となる
吉沢さんのラスト写真集ですが
写真集の出版元である徳間書店が出版する
週刊アサヒ芸能において
3月5日に発売された
2019年3月14日号から4週にわたって
吉沢さんの引退記念の特集を行っています。
その一環として
3月5日に発売された
2019年3月14日号に
7ページ、9カットを基本とした
先行カットのグラビアが掲載されています。

基本と書いた訳については
週刊誌のグラビアでは
よくあるパターンなのですが
カットの風景などの部分に
小さな別のカットが入っています。
その小さなカットまで含めると
今回のグラビアは
7ページ、16カットのグラビアになります。

また
3月12日に発売された
2019年3月21日号にも
2ページ、4カットの
先行カットのグラビアが掲載されていますので
この作品からの先行カットのグラビアは
合計9ページ、20カットとなります。

今回の撮影は
今年に入った1月上旬に
日本とは真逆の季節になる
真夏のニュージーランドで行われました。

吉沢さんに関しては
10周年記念作品となる7th写真集から
15周年記念作品となる9th写真集までの3作品を
今回の作品の出版元である徳間書店から発売していますので
今回の作品で4作品連続で徳間書店の作品となります。

吉沢さんの作品については
全作品を保有している私としては
8th写真集 と 9th写真集 が
メチャクチャ好きですし、
色々な意味でベストだと思っています。
その2作品を手掛けたカメラマンさんである
植野恵三郎先生 が
今回の吉沢さんのラスト写真集を担当しています。

植野先生の持ち味である明るいカットが
徳間書店のストレートな構成と
非常に相性が良いのですが
2冊のアサヒ芸能に掲載されたグラビアからも
その相性の良さを見ることができます。

元々、内容については
徳間書店からの植野先生の作品ということで
全く心配していなかったのですが
予想通りと言いますか、
予想を大きく超えている感じです。

公開された先行カットの全てが
屋外、室内を問わず
昼間に撮影されたカットばかりだからかもしれませんが
非常に明るいカットで
吉沢さんの印象が
とても色濃く脳裏に刻み込まれていきます。

目線がシッカリとこちらを向いたカットが
圧倒的と表現して良い程に多いので
吉沢さんの美しい表情が
心の隅々まで染み渡っていきます。
グラビアとしてもレベルが高いですし、
写真集のイメージをしっかりと掴むことができます。

先行カットのグラビアを見れば見る程、
この作品に対する期待感が
グングンと膨らんでいきます。
何だかとっても良い香りがしてきました。
最高級の予感 すらしてきました。

サイズの豪華さだけではなく
内容のレベルの高さが感じられる
本当に楽しみな作品になってきました。

この作品に関しては
作品の発売が3日後の3月22日なので
時間的な猶予は全くありません。
これ以上の情報としては
本日発売される
週刊アサヒ芸能に掲載されるであろう
2~3ページの先行カットのみだと思われます。

ただ
吉沢さんは大人系アイドルのレジェンドなので
もしかしたら
本日発売される FLASH に
先行カットのグラビアが掲載さえる可能性も
全く無いとは言い切れません。

時間的には厳しい作品ではありますが
私を含めた多くの方々が
大注目している作品だと思いますので
最後の最後まで諦めず
何か新しいことが分かり次第、
ドシドシと書いていきたいと思います。




【 Amazon吉沢明歩 ラスト写真集 】


作品名:『 smile 』
モデル:吉沢明歩( 大人系アイドル )
出版社:徳間書店
サイズ:B4判 128ページ
発売日:2019年3月22日
価格 :5,000円+税





〈 吉沢明歩ラスト写真集 関連画像 〉
Dxp6qAtVsAAAE7L
D00-yViV4AAM_T6
D00-yViVsAAu2F8
DxL3u8hUYAAPNWw
《 全画像引用:吉沢明歩さんのTwitter より 》
( 引用URL:https://twitter.com/akiho_yoshi )  
















 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~


本日は以上になります。

本日も記事の内容が薄くて
本当にスミマセン m(__)m



本日は更新が遅くなってしまい
本当にスミマセンでした。
花粉的にはそれ程は悪くなかったし、
別に強烈な残業があった訳でもないのですが
色々と細々したことがあって
書き始めるのが遅くなってしまいました。

明日も早いので
このブログを書き終えたら
Twitterの更新の方は
何時もの様に
年の離れた学生の弟に頼んで
私は速攻で寝たいと思います。
それでは
おやすみなさい。


今夜はなんだかんだで
結構忙しかった私ですが
このブログにつきましては
毎日更新を目標にして
全力で書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。


本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。


























スポンサーリンク