こんにちは あぱ です!!

本日はこのブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

本日のブログは約1ヵ月ぶりとなる
作品の評価のレビューです。

本日ご紹介する作品は
私としては
色々な意味で注目していた作品だったので
実物を見るのを
本当に楽しみにしていました。

そんな作品ですが
果たして私個人の評価はどんなものになるのか?
本日はアッサリ、スッキリ、
軽い雰囲気で書いていきたいと思います。




 吉沢明歩 ラスト写真集

  作品名:『 smile 』

  モデル:吉沢明歩( 大人系アイドル )

  出版社:徳間書店

  サイズ:B4判 128ページ ハードカバー

  発売日:2019年3月23日

  価格 :5,000円+税


  総合評価 ★★★★★


評価としては
最高評価の ★★★★★ をつけています。
可能ならば ★★★★★★★★★★ 位はつけたいです。
正直にハッキリと言いますが
『 まさに 大傑作 !! 』としか言いようのないレベルの
本当に素晴らしい作品でした。

レベルの高い作品になりそうなことは
このブログの中で予想はしていましたが
まさか、これ程までに凄いとは・・・・・
完全に予想以上の作品でした。

本日の本題に入る前に
この記事のヒロインである吉沢さんの
神々しいまでに美しい画像をご覧いただきます。
それではこちらです、ジャジャン!!

DzmYDsIVAAEvVB3
DzmYDsHUwAAm5Zf
D208GTQUkAA_Gxi
D208GTRU4AAyH4i
D208GTRUcAADqCo
Dz0y1RtVYAEfTaI
D1TlcIGU4AA1xMZ
DiImUrOVQAA_k5J
D1TlcIMU0AEH1Om
DkUvO6WUUAEviSX
D1TlcIGUcAEDeCv
D1TlcIIVYAEsVk9
《 全画像引用:吉沢明歩さんのTwitter より 》
( 引用URL:https://twitter.com/akiho_yoshi )

何度もこの言葉を書いてしまいますが
吉沢さんの美しさはまさに 女神 という感じです。
言葉では言い尽くせない美しさを持っています。
大人のDVDはともかく
年1冊で良いの写真集だけでも・・・と思うのは
私だけでしょうか・・・??
とても寂しいですね ( ;∀;)

それではここからは本日の本題に入る訳ですが
いつも通りになりますが
先ず最初は今回の作品のモデルである吉沢さんの
簡単なプロフィールからです。

吉沢さんは
1984年3月3日生まれの
現在 35歳 です。
出身地は 東京都 とのことです。

身長は 161cm
スリーサイズは 865886 という
見事に均整の取れたナイスボディーの待ち主です。
因みにカップは Eカップ とのことです。

吉沢さんは
グラドルとして芸能界にデビューした後、
2003年から
大手DVDメーカー2社の専属女優として
大人系アイドルの活動をスタートさせます。

2007年に
別の大手DVDメーカーに移籍しますが
この時点で
既に大人系アイドルの頂点に君臨していた吉沢さんは
この時も2社のDVDメーカーと専属契約を結びます。
吉沢さんについては
大人系アイドルの活動歴は長いのですが
メーカーの移籍はこれが最初で最後になります。

大人系アイドルの頂点に君臨した吉沢さんは
大人系のDVDの世界に留まることなく
一般の映画、Vシネマ、そしてテレビドラマなど
様々な映像の世界で活躍します。

また、コラムの執筆など
多彩な才能を発揮し
色々な分野に活動の範囲を広げていきます。

吉沢さんの多彩な活動の中において
特に有名なのが
2008年4月からテレビ東京系でスタートした
『 おねがい!マスカット 』のレギュラーで構成された
恵比寿マスカッツ の結成メンバーに選ばれたことだと思います。

この番組は
度々、番組名が変更されましたが
それと同様に
恵比寿マスカッツのメンバーについても
頻繁に卒業、新規加入、復帰などがあり
非常にメンバーの入れ替えが激しいグループでしたが
吉沢さんは
メンバー30人全員が卒業し
グループ自体の活動が終わりを告げる
2013年5月までメンバーとして活動していました。

恵比寿マスカッツにおいて
結成時から所属をし
最後の卒業までメンバーとして頑張ったのは
吉沢さんを含めた 6人 だけです。

どうやら吉沢さんは
一度やり始めたら
最後までキチンとやり遂げる性格みたいです。

何でもキチンとやり遂げる吉沢さんは
デビュー以来、
常に第一線で活躍し続けて
大人系アイドル界のレジェンド と呼ばれるまでの
BIGな存在になっていきますが
2018年10月1日の自身のブログにおいて
2019年3月末をもって
大人系アイドルからの卒業を発表します。

卒業後については
所属事務所に籍をおき
コラム連載などの
大人系DVD以外の仕事を
今後も継続するとのことです。

吉沢さんに関しては
16年間の活動において
大人系アイドルとして
多くの記録を残しています。

  • 出演本数351本( 単体女優最高記録 )
  • 写真集10冊
  • イベント数1000回超
  • 売上総本数1000万本超( 推計 )

これらが
吉沢さんの成し遂げた記録になります。

ただ、吉沢さんにおいて一番凄いことは
出入りの激しい大人系アイドル界において
デビュー以来、
常に第一線で活躍し続けてきたことだと
個人的には思っています。

大人系アイドルは卒業してしまいますが
今後も吉沢さんの多方面での活躍を期待しています。

それではここからは
本日の本題である
作品のレビューをしていきたいと思います。

今回の吉沢さんのラスト写真集に関しては
吉沢さんの
10周年記念作品となる 7th写真集 と
15周年記念作品となる 9th写真集 と含めた
直近の3作品の出版元を務めた
徳間書店 からの作品となります。

作品を手掛けたカメラマンさんは
吉沢さんの8、9th写真集という2作品を担当した
私の大好きなカメラマンさんである
植野恵三郎先生 です。

今回の作品の制作チームに関しては
ある意味において
吉沢さんにとって
出版社もカメラマンさんも
顔馴染みであり、
そして
吉沢さんの魅力を良く知っている
非常に良いチーム編成だと言えます。

カメラマンを担当した
植野先生の作風としては
明るいカットで
モデルの表情の魅力を
とても強く感じさせてくれます。

その植野さんの作風は
1ページに1カットの大きめのカットと
見開き2ページで1カットの特大カットを
作品のメインにおいて
モデルの表情と肌の質感という2つの魅力を
見る側にストレートに感じさせてくれる
徳間書店の大人系アイドルの作品の構成と
とても相性が良いです。

徳間書店の編集は
植野先生の作風を活かすのが
とても上手です。
今回の作品においても
そのことを強く感じました。

今回の吉沢さんのラスト写真集についても
ストレートな構成の中に
≪表情や肌の質感を強く感じられる明るいカット≫ を
作品のメインにおいて
吉沢さんの表情と裸の魅力を
見る側にとても強く感じさせてくれます。

今回の吉沢さんの作品については
他の作品にはない大きな特徴があります
それは サイズが非常に大きい ということです。

吉沢さんのラスト写真集の大きさについては
3月19日のブログでこと細かく書いていますが
とにかく デカい というのが最初の印象です。

サイズ的には
通常の写真集のサイズである A4判 が
297mm ✕ 210mm であるのに対して
今回の作品のサイズである B4判 は
364mm ✕ 257mm ということで
縦で 約7cm 、 横で 約5cm も大きくなります。

この特徴が今回の作品については
非常に効果的に作用しています。

今回の作品については先程も書きましたが
徳間書店の大人系アイドルの作品に多く見られる
1ページに1カットの大きめのカットと
見開き2ページで1カットの特大カットという
グラビア写真集の王道とも言える大きなカットを
メインに構成されたとてもストレートな作品です。

そんな大きなカットが
B4判という大きなサイズになっているで
1カット、1カットから伝わってくる
吉沢さんの印象が非常に強いモノとなり
見る側の脳裏に
より深く、より濃く刻みこまれていきます。
そのパワーの凄さは言葉では表現できません。
計り知れない力強さを感じます
まさに ❝ 圧倒的 ❞ という感じです。

今回の作品に関しては
数量的には多くないのですが
余白多めのページや
1ページに複数のカットが入ったページなどの
変化球的なページが
とても良いタイミングで差し込まれています。

ストレートな構成の中で
心地よいアクセントになるので
作品自体が引き締まると共に
大きなカットの印象をより強くするという
相互作用を生み出しています。

また、変化球的なページについても
写真集自体のサイズが大きので
その1カットの大きさは
B5サイズの写真集並みになっているので
決して印象は弱くないです。
B4判の効果が見事に表れています。

ここまで大きさのことばかり書いてきましたが
今回の作品に関しては
吉沢さんの魅力を知り尽くした
植野先生の作品ということで
カット自体のレベルも非常に高いです。

その全体のカットのレベルの高さは
表紙画像からも感じることができます。
それがこちらです、ジャジャン!!

D2RCio1UcAATbg5
《 画像引用:吉沢明歩さんのTwitter より 》
( 引用URL:https://twitter.com/akiho_yoshi )

ご覧いただくとお分かりの様に
この表紙画像からも
吉沢さんの魅力が溢れ出ててきています。
作品全体が表紙画像に負けない程の
とてもレベルの高いカットで満載になっています

今回の作品については
ニュージーランドで撮影されたカットと
スタジオで撮影されたカットの
2パターンのカットで構成されていますが
どちらのパターンも
吉沢さんの表情がとても自然な感じです。

カット全体に言えることは
ヘンテコな悪い芸術性などは微塵も感じない
単純明快で分かりやすい明るいカットになっています。

陰影を使用したカットも少しありますが
自然な雰囲気の陰影なので
吉沢さんの表情や肌の質感を殺すことはないですし、
明るいカットが圧倒的に多い中で
明暗のギャップが生まれて
その相乗効果により
1カット、1カットからの印象を
より強く感じることができます。
ハッキリ言って、
良いとこ尽くめになっています。

吉沢さんは16年のキャリアを持つ
大人系アイドルのトップ女優だけあり
そのシチュエーションにあった
様々な表情を見せてくれています。
さすがは レジェンド です。
抜かりはありません。

今回の作品においては
グラビア写真集のツボはしっかりと押さえてあり
吉沢さんの美しい表情の量も多いのですが
目線がシッカリとこちらを向いたカットがとても多いので
吉沢さんに見つめられているかの様な錯覚に陥ります。
吉沢さんとのデート気分が味わえます。

この作品については
表情の量と質が高いだけではなく
大人系アイドルの作品にとっては
とても重要な要素となる
裸の量と質もレベルが高いです。

大きなカットが多いだけに
吉沢さんの全体感を感じられるカットがとても多く、
他の写真集では感じることのできない
体全体から出てくるパワーを感じることができます。

今回の作品は
明るいカットが多いので
吉沢さんの白い肌が生み出す
艶めかしい肌の質感を
とてもハッキリと感じることができます。
裸の量も質も全く問題ありません。

今回の作品については
B4判という特大サイズの作品が生み出す
とても大きなパワーを感じます。
そのパワーによって
吉沢さんの魅力が
心の隅々まで色濃く染み渡ってきます。

また、作品の構成が非常にストレートなため
1カット、1カットの印象が
頭の中に直線的に伝わってくるので
吉沢さんのイメージが
とてもハッキリと残ります。

カット自体については
吉沢さんの魅力を知り尽くしている
植野先生が手掛けているので
吉沢さんの様々な魅力を
とても強く感じることができます。

ハッキリ言ってこの作品については
私としてはマイナスポイントは無いと思っています。
マイナスポイントが無いだけではなく
吉沢さんの魅力をより活かすための
プラスポイントが非常に多い
非常にレベルの高い作品に仕上がっていると思います。

正直に言いまして
この作品の評価については
最高評価の ★★★★★ 以外はあり得ません。
できることならば
★★★★★★★★★★ 位をつけたいですね。
心の底から
それ位の作品だと思っています。
まさに 大傑作 です!!



今回の吉沢さんのラスト写真集については
出版社の構成の良さ、
カメラマンの表現力、
そして
モデルの持つ魅力という
グラビア写真集を構成するうえで
重要となる3つの要素のそれぞれが
非常にうまく混ざり合って
とてもレベルの高い作品になっています。
しかも、それに加えて
サイズを言う特殊な武器を取り入れて
モデルである吉沢さんの魅力が
見る側にとても強く伝わってくる
最高傑作 と言って良い程の作品に仕上がっています。

吉沢さんのファンの方は当然ですが
グラビア写真集が好きな方には
絶対に見てほしい作品 だと
心の底から思っています。

吉沢さんの魅力の洪水の中に
身をゆだねてみてください。
心地良いまでの多幸感が
体全体を包み込んでくれること間違いなしです。

熱い魂込めておススメできる作品です





【 Amazon吉沢明歩 ラスト写真集 】


作品名:『 smile 』
モデル:吉沢明歩( 大人系アイドル )
出版社:徳間書店
サイズ:B4判 128ページ
発売日:2019年3月22日
価格 :5,000円+税













この記事と併せて
3月19日、3月21日のブログも読んでみてください。

※ 3月19日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 3月21日のブログはこちらからどうぞ!!
 





 ~~~  ~~~  ~~~  ~~~

本日は以上になります。

本日も記事の内容が薄くて
本当にスミマセン m(__)m

今夜は帰宅するのが遅かったのですが
どうしても作品のレビューが書きたかったので
更新時間が遅くなるのを覚悟で
レビューを書きました。

やはり、予想どおり
更新時間が遅くなりました。
本当に申し訳ございません m(__)m

明日はいつも通り更新ができる様に
頑張りますので
よろしくお願いします。




今夜はいつも以上にチカラが入っていた私ですが
このブログにつきましては
毎日更新を目標にして
全力で書いていきますので
明日も是非とも覗きに来てください。
心よりお待ちしております。


本日はこのブログを最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

体力に続く限り
明日からもバンバン書いていきますので
これからもご愛読の程よろしくお願いいたします。


それでは
あぱ でした。































スポンサーリンク